電気代を節約するなら、TV画面は小さいほうが得になる

 液晶TVの消費電力、果たして画面の大きさによってどの程度違うのだろう?

 19型液晶テレビを 通常使用した場合、動作時平均電力使用量(一時間当たり) 36W。

 32型 通常使用 動作時平均電力使用量(一時間当たり) 94W。

 42型 通常使用 動作時平均電力使用量(一時間当たり) 180W 。

 プラズマテレビ42型 通常使用 動作時平均電力使用量(一時間当たり) 357W 。

 ってな電力消費が平均らしい。

 TV画面の大きさで動作時の消費電力を見ると、画面が小さいほうが消費電力が少ない。

 待機電力などは、メーカーによってだいぶ差が有るようだが。

 消費電力が少ないってことは、電気代も少なく済むってこと。

 最近は、大画面の液晶TVを薦められることが多いんだけど、スペースから考えても、電気代から考えても、必要が無いのに大画面TVを買うのは無駄なんじゃないかと思う。

 いやさ、実は、地デジTVにしたときに、電気屋さんからは大きな画面のTVを薦められたんだけど、スペースの面でお断りした。

 そんなに大きな画面でTVを見たいとも思わなかったし。

 今になってみれば、19型で良かったと思っている。

 今日から、東京電力の家庭用電気料金が上がる。

 電気代を節約した人は、必要の無い大型Tvは買わないこと。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする