購入時期や換金の仕方による投資信託の区別

 投資信託のばあい、いつでも買えるものと、購入できる期間が決まっているもの、追加購入できるもの、できないものなど種類がたくさんある。


投資信託の購入方法による区別

『オープン型投資信託(追加型投資信託) 』
 いつでも買える投資信託、追加購入ができる。

『クローズド型投資信託(単位型投資信託)』
 買える期間が決まっている投資信託。


換金の仕方による区別

 換金の仕方にも『オープンエンド型』または『クローズドエンド型』とある。


『オープンエンド型投資信託』
 いつでも換金できる。

『クローズドエンド型投資信託』
 一定の期間の換金解約が禁止されている。


 『オープン型投資信託(追加型投資信託)』はいつでも換金できる、『オープンエンド型投資信託』であることが多い。


 『クローズド型投資信託(単位型投資信託)』の投資信託は、『クローズドエンド型投資信託』であることが多い。

 とはいえ、必ずしも一致しない場合もあるけど。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする