ハイリスクで実は高コストなFX

  最近よく聞くFX、少ない資金で儲かると言うのが売りだ。

 でも、FXは外貨預金や外貨建てMMFよりはるかにリスクが高い。


 そして、リスクをとらないようにすると、資金がたくさんかかる。


 どういうことかというと、株とかの信用取引を思い浮かべると判りやすい。


FXの仕組み

 1ドル=100円だったとする。

 レバレッジ10倍だった場合、10万円の元手で、実際には100万円相当の米ドルを取引する。


 1ドル=110円の円安になると、米ドルの金額は日本円で110万円になる。


 と言うことで、利益は10万円。



 でも、1ドル=90円の円高になると日本円で90万円。


 では、1ドル=70円になったら日本円で70万円になってしまう。


 レバレッジ10倍で、利益が出れば、10倍の利益が出るが、損失が出ればやはり損失も10倍。


 要するに、実体の無いお金で取引する。


 レバレッジを低くすると、資金がたくさんかかる


 もちろん、レバレッジ1倍ならリスクは少ないが、その場合利益も少なくなる(その国の通貨と日本円の金利差+為替差益)。

 FX各社、最低取引単位と言うのを設定している。

 もし、最低取引単位が1万ドルだとすると、レバレッジ1倍なら1ドル=100円で必要な資金は100×10000=100万円の資金が必要。

 最低取引単位5000ドルとしても、50万以上の資金が要る。



 正直、外貨MMFとか外貨預金の方がお勧め。

*話を簡単にするために、手数料などの取引コストは度外視しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする