MRF=マネー・リザーブ・ファンドとは何か?

  MRFとは何か?

 MRF=マネー・リザーブ・ファンドのことだ。

 証券会社で扱う安全性の高い金利商品のひとつだ。

MRF=マネー・リザーブ・ファンド 

・公共債型投資信託の一種。

・非常に換金性・流動性の高い

・信用度の高い日本国債などの短期債券を投資対象とする。

・運用期間は1日で、毎日決算が行われて残高に応じて分配金が支払われ、1日単位で自動継続される。

・MRFの裏付けとなる運用資産に損失が発生していなければ顧客毎のMRF残高は目減りすることは無い。


 安全性の高いMRF=マネー・リザーブ・ファンドだが、MMFに比べると、利率が低い。

 また、一部の証券会社では、系列内の銀行の預金と証券会社の資金をリンクさせている(住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金など)ため、MRFを廃止する動きもある。

 
 安全性が高いこと・1日単位の運用で自動継続されることから、銀行の普通預金とよく比べられるが、利率はMRFのほうが高い。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする