ずぼらな人でも貯蓄体質になれる・準備編

  一年の計は元旦にあり。


 お金の計も元旦にあり。


 とは言うものの、年の初めに『お金を貯めよう』と決心しても長続きしないという人もいる。


 管理人の場合は、『今年こそは、家計簿をつけよう』と毎年思うのだが、これがたいてい年の途中で挫折する。


 が、お金はそれなりにたまっていく。


 家計簿=貯蓄ではないことのいい例だ。


 で、家計簿が付けられないずぼらさんに、家計簿が付けられなくても貯蓄体質になれるんじゃないかと思うこんな方法はいかがかな?


 家計簿が付けられない人が貯蓄体質になれる(かも知れない)方法

《まずは、準備をしよう》

1、引き落としようの口座は一箇所にまとめる・総合口座にする。
 管理人の場合は、ゆうちょ銀行総合口座にしている。
 別に、引き落としができればどこの銀行でもいいのだが、銀行によっては、公共料金の引き落としに対応していない銀行もあるので注意が要る。
 ともかく、クレジットカードも公共料金もひとつの口座で引き落とされるようにするのがポイント

2、コンビニATMで入出金が無料ででき、振込み手数料が無料になる銀行の口座を開設する。
 管理人の場合、 住信SBIネット銀行の口座。
 他に、大和ネクスト銀行なども振り込み手数料が無料だ。
 

3、引き落としよう口座と振り込み手数料が無料になる銀行口座のネットバンキングの手続きをする

4、手帳かカレンダーを用意する。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする