財布の中に価値のある硬貨がまぎれているかも

 財布の中が小銭ばかりだとお嘆きの人、価値のある硬貨が混ざってない?

 もしかすると10円が500円とかになるかも。

 調べてみよう。

額面以上の価値とは?

 ふつう10円は10円の価値しかない。

 10円玉では10円以上の買い物はできない。

 額面以上の価値があると。

  「10円玉だけど10円を越えた価値がある」
 「10円玉だけど売ったら10円以上のお金になる」

 といったように本来のお金の額以上の価値があるというもの。

額面以上の価値のある硬貨

  • 『10円硬貨の周囲がぎざぎざ』→『ギザ10』使って無い硬貨または、昭和33年製造のものなら、それなりの金額で引き取ってくれる。
  • 『「日本国」ではなくて「日本國」と書いてある、5円玉。』、特に、昭和32年発行のもの。
  • 昭和62年の50円硬貨
  • 昭和62年の500円硬貨
  • 昭和64年の500円硬貨
  • 平成13年の1円硬貨と100円硬貨
  • 平成14年の100円硬貨

 ないかなあ、こんな硬貨。

発行数が少ないだけに価値がある

 発行数が少ない希少な硬貨が上の枠の中の硬貨なのだそうだ。

 おいらも、ちょっと珍しい100円玉があったんだけど、発行数が割と多いので、あまり価値がない。

 しかも、自動販売機で使うことができないという困りもの。

 101円でもいいからだれか引き取ってくれないかなあ?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする