モラハラ関連書籍レビューを見ると笑える

 母に読ませようと思ってモラハラ関連書籍を探している。

 で、今回は笑ってしまったあるモラハラ関係のレビューについて。

評価が分かれるモラハラ関連書籍

 「こころの暴力 夫婦という密室で―支配されないための11章」というモラハラ関連書籍がある。

 笑ってしまうのは、この「こころの暴力 夫婦という密室で―支配されないための11章」という本のアマゾンでのレビューだ。

 アマゾンは本の評価を☆の数で表す。

 「こころの暴力 夫婦という密室で―支配されないための11章」のレビュー数は全部で16。

 内☆5つが9人、☆4つが3人。

 そして、☆1つが3人。

 評価の低い人のレビュー内容を見ると

ウチの家は既に修復が難しい状態にあり、自分の反省や自分を考え直す為にページを繰りましたが、あまりにも刺激的且つ短絡的で驚きました。(つまり、この本が原因で・・ということはありません) 但し、自分がもう女性と付き合えないのか?他人を愛せなくなるほどショックを受けています。 前述の判断基準の責任性や信憑性、それでも共存する方法や、お互いの歩み寄り方法、などが必要だと思われます。

この本の女性が境界性人格障害者であった場合、都合のいいように夫を「マニピュレーター」に仕立て上げ、「離婚しかありえない!」と決め、子供の人格までも無視し、別居を決行するのです。(中略)この本のせいだと思うのですが、私の家族は大崩壊を迎えようとしています!!!

本書と同系統の本を読み漁り洗脳された妻が突然、支配、暴力、自己回復などを主張し始め、家庭崩壊に陥りました。

 とまあ、こんな感じ。

 むしろ、このレビューを見たら、「買おう」と思うモラハラ被害者が多いと思う。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
こころの暴力夫婦という密室で [ イザベル・ナザル・アガ ]

モラハラ加害者は人のせいにする

 モラハラ加害者のひとつの傾向として「こうなったのは○○のせいだ」と人に責任転嫁する。

 上記のレビューを見ると、まさにモラハラ加害者の特徴そのものだと思う。

 あなたの家庭が崩壊したのは、この本のせいでも、悪徳弁護士のせいでも、周囲の誰のせいでもない。

 モラハラ加害者である、あなた自身のせいだ。

 といいたくなる。

 まあ、そこがわからないのが「モラハラ加害者」の特徴というもの。

 「こころの暴力 夫婦という密室で―支配されないための11章」は登場人物が外国人なのでとっつきにくい。

 という人もいるようなので、うちの高齢の母には向かないかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする