マイナンバー通知の簡易書留が届かない

 マイナンバーの配達が遅れているらしい。

 配達が12月になるのは全体の9%。

 北海道、青森、岩手、宮城、石川、高知、佐賀の7道県は今月中に初回配達が完了する見通しなのだそうだ。

 しかし、本当に12月中に日本全国にマイナンバーが届くんだろうか?

マイナンバーで大混乱

 おいらは、11月下旬にマイナンバー通知カードが届いた。

 仕事をしているので、簡易書留の不在票が郵便受けに入っていた。

 なので、郵便局に電話をして、仕事の帰り19時ごろに局へとりに行ったのだが・・・。

 郵便局のおじさんはとっても大変そうだった。

 「とても手が回らない!誰か窓口たのむ!」という声が聞こえてくるくらい。

 ちなみに、おいらの会社の人は「世帯主(同僚の夫)に届くはずなのに届いていないと思っていたら、認知症のじいちゃんが受け取ってしまっていた。探すのに苦労した。」なんて人もいた。

 まあ、簡易書留は家に誰かいれば受け取れる。

 しかし、受け取ったのが認知症のじいちゃんじゃあ、見つからないはず。

 とはいえ、郵便局の配達員に受け取った人が世帯主かどうかを確認するすべは無いだろうし。

マイナンバー通知の簡易書留が行政に返送されるケースも

 簡易書留の場合、不在で郵便局に留め置かれるのが7日間。

 7日たってしまうと、市町村に返送されてしまう。

 住所不定の場合も市町村に返送される。

 なので、マイナンバー通知が受け取れ無かった場合、市町村に問い合わせるのが一番。

マイナンバー通知が届かなかったらどうなる?

 1月以降は行政機関へ提出する書類にマイナンバーの番号記入欄ができる。

 でも、マイナンバーを無記載で書類を出しても拒否されることは無いらしい。

事情があれば住民票上の住所以外にも届くが

 マイナンバー通知の届け先は原則住民票上の住所だが、事前に住民票上の住所のある市町村に「通知カードの送付先に係る居所情報登録申請書」をだして、居場所を登録しておけば住民票上の住所以外の場所にも届けてくれる。

 ちなみに、おいらの市の場合

  • 東日本大震災の被災者で、住所地以外の居所に避難されている方。
  • DV、ストーカー行為等、児童虐待等の被害者で住所地以外の居所に移動されている方。
  • 一人暮らしの方で、長期間にわたって医療機関や施設に入院・入所されている方。
  • 居所情報登録申請受付期間 平成27年8月24日(月曜日)~9月25日(金曜日) ※郵送の場合も、9月25日必着。

 ・・・。

 事前に「通知カードの送付先に係る居所情報登録申請書」なんてものを出した人がどのくらいいたか?

 今頃市の職員は住所不定で返送されてきた「マイナンバー通知」にあわててるころだと思う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする