交通事故の得する対応

 車をぶつけられた!車で事故を起こした!それだけでも大変なことだが、交通事故で損をしないように、対応には注意しよう。

 交通事故直後は、動揺して冷静に考えられないかもしれないが、ちょっとした対応ひとつで、損する・得するが分かれる羽目になるかもしれない。

交通事故の得する対応

1、警察への事故届けは必ず出す

 たいした事故でなくても警察への事故届けは必ず出そう。

 警察への事故届けが出ていないと、自動車保険の給付が降りないこともある。

 また、後で後遺症が出たとか言うときにも警察に事故届けが出ていないともめる可能性が高い。

 交通事故に巻き込まれたり、交通事故を起こしたりした場合、110番通報をして警察を呼んで、現状確認をしてもらい、事故届けをだす。

 これだけは忘れないように!

2、すぐに保険会社に連絡しよう

 自動車事故の相手との対応は保険会社に任せる。

 下手に当事者同士で話し合いで決めるとトラブルの元になる。

 保険会社が事故の状況を把握できるように、110番通報と同時に契約している自動車保険の保険会社にも必ず連絡しよう。

3、当事者同士で話し合いはしない

 当事者どうしで話し合って賠償金や示談金の額を話し合うと後々トラブルの原因になる。

 保険会社への提出書類に必要な、相手の住所、氏名、連絡先を聞くことは必要だが、それ以上の話し合いはしないこと。

過失責任の考え方・自動車事故で100%責任がある・100%責任はないは無い

 自動車同士の事故で、自分に100%責任は無いとか、相手に100%責任が無いとかはめったに無い。

 自分の車が少しでも動いていれば、たとえ相手が悪くても、自分のほうにも事故の責任がある。

 と裁判などでは考えられている。

 過失割合というのだが。

 過失割合によって、賠償金の相殺がされるので、自分のほうの過失責任の比率はできるだけ少なくしたいところだが。

 過去の判例などに照らし合わせて、大体の過失割合が決まってしまう。

 過失割合については『ケースによって過失割合が決まっている』と割り切ってしまったほうが気持ち的に楽。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする