ダイヤル回線でプッシュホンサービスを使う

 普段あまり意識しないが、固定電話には、トーン回線(プッシュ)とダイヤル回線があるのだ。

 テレフォンアンサー(プッシュホンサービス)などで、自動オペレーションなどを利用するときには、トーン信号で操作しないと利用できない。

 で、この間、イオンカードのICチップが使えなくなり、テレフォンアンサーに電話することになったのだが。

 すっかり、固定電話にはトーン回線とダイヤル回線があることなど忘れていた。

 我が家の固定電話はダイヤル回線だったのだ。

トーン(プッシュ)回線

 『ピッポッパ』みたいな音が出るのが、トーン回線。

 NTT東日本・西日本とも、ダイヤル回線と同じか、ダイヤル回線よりやや高めの基本使用料(最大150円)の料金がかかる。

 変更時 工事費が2000円程度かかる。

ダイヤル回線でプッシュホンサービスを使う場合

 ダイヤル回線だからといって、プッシュホンサービスを使えないわけではない。

 ちゃんと、ダイヤル回線でもトーン信号を出すことができる。

1、相手方に電話を掛ける。

2、電話がかかったら*(電話機によっては#)を押す。

 これでちゃんとプッシュホンサービスも利用できる。

 というわけで、工事費2000円と月の利用料+αの節約になる。

 ネックは、自分の電話回線がダイヤルだってことを忘れてしまうってこと。

 ちなみに、イオンのクレジットカードのオペレーターとの通話は、フリーダイヤルは不可。

 フリーダイヤルに電話しても結局、別の番号を案内されるだけ。

 オペレーターと直接やり取りしたい場合のイオンクレジットカードの問い合わせ先は、0570-064-8111である。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする