SBI証券の単元未満株(S株)売買

 買ってみたい株はあるけど、売買単位まではお金を出せない。

 なんて場合、利用できるのがミニ株とか 単元未満株(S株・ワン株)。

 ミニ株は売買単位の10分の1の単位で株が売買できる。

 S株とかワン株は1株単位からの売買。

 
単元未満株の売買は、取引する証券会社によってS株という名前がついていたり、S株という名前がついていたりする。

SBI証券の単元未満株(S株)売買

・一株単位で売買できる。

・単元未満株を買い増しして単元株にすることも可能。

・配当の配分や株式分割の割当も保有株数に応じて正規配分される。

・取引は1日2度。

・手数料: 約定代金×0.525%(税込) 最低手数料:52円(税込)

・証券保管振替機構を通じて、他社から移管入庫可。

・株式分割で増えた単位未満株の売買ができる。

 現物取引(単位株)取引の場合、手数料は約定代金10万円まで 100円(税込)または145円。

 %に直すと0.1%なので、手数料についてはS株は単位株の取引より割高ではある。

 が、少ない資金で、長期にちょっとだけ株を持ってみたいなんて場合には使えるかも。

 また、株式分割で単位未満株が出た場合の売買にも使える。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

資産1億円以上の人たちの資産配分を見てみよう

noimage
noimage

(親と)一緒に考える看取りのときチェックリスト

noimage

退職時の企業型確定きょしつ年金の取り扱いに注意

noimage

国債・公社債の格付け

noimage

災害減免法による所得税の軽減免除

noimage

個人向け国債5年ものvs銀行5年定期

noimage

北海道銀行口座開設キャンペーン

noimage

郵便局でお金を送るお得な方法は?

noimage

SBI証券の確定拠出年金の説明ページはどこにある?

noimage

クレジットカード現金化の仕組みと問題点

noimage
noimage

国民健康保険が使えない場合もある

noimage

OCNの無料家計簿ソフト

noimage

求人が多くなる月、少なくなる月

Menu

HOME

 TOP