普通預金・口座連携サービスの預金口座金利一覧

 給料が出たので、先日、全部おろして、引き落としようのゆうちょ銀行と住信SBIネット銀行に預け変えた。

もちろん、このままにしておくことは考えていないんだけど、仕事の都合とかで、まだ、預け先を考えていないお金はネットバンクの普通預金に入れてみた。

 そういえば、普通預金の金利って、銀行によって違いは有るんだろうか?


普通銀行の金利比較

銀行名普通預金の金利
大和ネクスト0.12%
セブン銀行0.05%
ジャパンネット銀行0.04%
住信SBIネット銀行0.03%
じぶん銀行0.02%
オリックス銀行0.02%
ソニー銀行0.02%
あおぞら銀行0.02%
楽天銀行0.02%
新生銀行0.01%
三菱東京UFJ銀行0.02%
三井住友銀行0.02%
みずほ銀行0.02%
ゆうちょ銀行0.03%

 こうやって見ると、普通預金に関しては、大して各銀行変わりが無い。

 セブン銀行が高いぐらい。

 大和ネクストの場合は、例外として・・・。

 うーん。

 SBIハイブリッド預金 の金利は、0.120 % 。

 上の、普通預金金利と比べると、はるかに高金利。

 何日か置いておくなら、こまめにハイブリット預金に振り替えるべきなんだろうなあ。

 では、各銀行の口座連携サービスの預金口座の金利を見てみるとこんな風になる。


口座連携サービスの預金口座の金利

 銀行名金利
 楽天銀行マネーブリッジ0.10%普通預金の金利優遇としての金利
 住信SBIネット銀行SBIハイブリッド預金0.120 %
 大和ネクストツインアカウント0.120 %普通預金も金利に違いなし

 やっぱり、こまめに資金を移動させるのが利巧なやり方かも。

 普通の銀行の1年定期預金より口座連携サービスの預金口座の金利の方が金利が高いんだもんなあ。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

確定拠出年金を利用できない人

noimage

6月の個人向け国債購入キャンペーン/野村VS大和證券

noimage

オリックス株式会の社債募集、11月19日から開始

noimage

雇用規制緩和特区構想頓挫

noimage

収支内訳書のいらない人の場合

noimage
noimage

自転車運転者が加害者になった交通事故の賠償額の例

noimage
noimage
noimage
noimage

お金がたまらない人は、車を処分したほうがいいと思う

noimage
noimage

すまい給付って?どんな給付?

noimage

年末調整・扶養控除等(異動)申告書D欄とE欄

noimage

全国の労金でも、個人型確定拠出年金を取り扱っている

Menu

HOME

 TOP