被災者採用に、企業に対して、助成金支給予定

 東日本大震災緊急雇用対策。

 災害救助法が適用されている岩手、宮城、福島など9県内で被災した人を採用した時に、企業に対して、助成金が支給される制度を創設する予定。

全国の中小企業を対象に、以下の案が挙がっている。

・被災者を1人雇用するごとに90万円(大企業は50万円)

・9県の企業が被災者を6カ月のトライアル雇用後に正社員として雇った場合、1人160万円を払う

・4月入社予定の新卒者で内定を取り消された新卒者の雇い入れには1人あたり120万円・上限10人を助成

・4月入社予定の新卒者で内定を取り消された新卒者の雇い入れには、3カ月のトライアル雇用後に採用すれば、1人90万円を何人分でも払う

 4月5日午後の補正予算で審議されるということだ。

 このまま、通るかどうかは???

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

法定労働時間の特例

noimage
noimage
noimage

個人型確定拠出年金の掛け金の引き落としができる銀行

noimage

野村信託銀行からの出金方法

noimage

リンク債(ノックイン債)とはなに?

noimage

利付国庫債券・個人向け国債・仕組み預金

noimage
noimage

SBJ銀行ってどんな銀行?

noimage
noimage

住信SBIネット銀行年金受け取り開始キャンペーン

noimage

12月の定期預金、どこが高金利?

noimage
noimage

交通事故の得する対応

noimage

Menu

HOME

 TOP