ダイヤル回線でプッシュホンサービスを使う

 普段あまり意識しないが、固定電話には、トーン回線(プッシュ)とダイヤル回線があるのだ。

 テレフォンアンサー(プッシュホンサービス)などで、自動オペレーションなどを利用するときには、トーン信号で操作しないと利用できない。

 

 で、この間、イオンカードのICチップが使えなくなり、テレフォンアンサーに電話することになったのだが。

 すっかり、固定電話にはトーン回線とダイヤル回線があることなど忘れていた。

 我が家の固定電話はダイヤル回線だったのだ。

トーン(プッシュ)回線

 『ピッポッパ』みたいな音が出るのが、トーン回線。

 NTT東日本・西日本とも、ダイヤル回線と同じか、ダイヤル回線よりやや高めの基本使用料(最大150円)の料金がかかる。

 変更時 工事費が2000円程度かかる。

ダイヤル回線でプッシュホンサービスを使う場合

 ダイヤル回線だからといって、プッシュホンサービスを使えないわけではない。

 ちゃんと、ダイヤル回線でもトーン信号を出すことができる。

1、相手方に電話を掛ける。

2、電話がかかったら*(電話機によっては#)を押す。

 これでちゃんとプッシュホンサービスも利用できる。

 というわけで、工事費2000円と月の利用料+αの節約になる。

 ネックは、自分の電話回線がダイヤルだってことを忘れてしまうってこと。

 ちなみに、イオンのクレジットカードのオペレーターとの通話は、フリーダイヤルは不可。

 フリーダイヤルに電話しても結局、別の番号を案内されるだけ。

 オペレーターと直接やり取りしたい場合のイオンクレジットカードの問い合わせ先は、0570-064-8111である。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

国民健康保険組合の給付や保険料は超お得

noimage

SBI証券取り扱いの元本保障型確定拠出年金商品について

noimage
noimage

大和證券個人向け国債購入キャンペーンの参加方法

noimage

年末調整で社会保険料控除の記載が必要となるケース

noimage
noimage

半沢直樹ばり・金融庁検査で不正融資発覚

noimage

会社を辞めてフリーになったら入ったほうがいい保険

noimage
noimage

ローソンでのお買い物なら、PONTAカードが御得らしい

noimage
noimage

復興国債(個人向け国債)購入キャンペーン

noimage

高金利トマト銀行インターネット支店の概要

noimage

配偶者控除と配偶者特別控除

noimage

国民健康保険が使えない場合もある

Menu

HOME

 TOP