実印として利用できる印鑑の条件

 日本では当たり前のように使われている印鑑。

 銀行でも印鑑。

 職場でも印鑑。

 不動産の取引も宅急便の受け取りも印鑑。

 こんな風に使われる機会の多い印鑑だが、どの印鑑をどんな場合に使うかって以外にわかってないのではないだろうか?

三文判

 出来合いの印鑑のことを「三文判」ということが多い。

 三文判は昔のお金の「一文(いちもん)」からきている。

 要は三文判は「一文銭3枚程度の価値」という意味。

 安くて粗末。

 ということらしい。

 今で言えば「機会彫りの大量生産品」といったもの。

 まあ、一番身近な印鑑ということもできる。

三文判でも実印として使うことができる

 印鑑登録さえすれば三文判でも実印として使うことができる。

 印鑑登録するための条件さえクリアしていればおおむねOK。

 ただし、自治体によっては受け付けてくれない場合もあるようだ。

印鑑登録が可能な印鑑

  • 大きさ:一辺8mmから25mmの正方形に収まる
  • 形に制限はない。
  • 1人1個に限りる
  • 文字は住民基本台帳または外国人登録原票に記録されている氏名、名、あるいは氏と名の一部を組み合わせたものに限られる。
     ただし『…印』、『…之印』、『…之章』の字句は登録できる。
  • フルネーム彫刻が望ましい。
     氏または名のみ彫刻の印鑑の場合は、地方の条例によっては登録できない場合がある。

印鑑登録できない印鑑とは?

 印鑑登録できない印鑑は↓

  • ゴム印その他の印鑑で変形しやすいもの
  • 規格外のもの
  • 印影が不鮮明なもの
  • 文字が切れているもの
  • 外枠がないもの
  • ローマ字で作ったもの
  • 極端に図案化したりして本人の氏名と認め難いもの
  • 生年月日など氏名以外の事項を付記したもの
  • 芸名、ペンネーム、雅号、屋号などを使用したものなど

シャチハタは実印としては使えない

 印鑑登録はゴム印などは不可。

 ということで、ゴム印の一種であるシャチハタは実印としては使えない。