遺産相続は二次相続以降でもめる

 おいらの職場には、一回離婚して、別の相手と再婚した同僚がいる。

 まあ、おめでたいことだが・・・。

 しかし、相続とかの問題を考えると、再婚とかって面倒な問題を抱えているようだ。

 ということで、再婚相手と相続の問題をちょっと。

 相続税云々の話は、今回は抜き。

[スポンサーリンク]

再婚同士の遺産相続の例

1相続家系図例 仮に亡くなった人をAさん(被相続人)としよう。

 Aさんの配偶者をBさん。

  そして、Bさんには分かれた元配偶者Cさんがいた。

 Aさんには、元配偶者との間に子供が1人(A´)。

 Bさんにも元配偶者のCさんとの間に子供が一人(B´)。

 AさんはB’と養子縁組していない。

 BさんはB’と養子縁組していない。

 Bさんの元配偶者CさんはDさんという人と再婚した。

 Aさんの財産は5000万円とする。

Aさんの財産はどう相続されるか

一時相続の状態

2一次相続の例 一次相続の場合は特に問題は生じない。

 Aさんがなくなった段階で、配偶者Bさんが1/2の2500万を相続する。

 そしてAさんの子供A´さんが2500万円を相続する。

 問題は二次相続以降。

二次相続以降で赤の他人に財産が渡る

3二次相続の例 Bさんが相続したAさんの2500万円の遺産は、Bさんが死亡するとB´さんに相続される。

 そして、もし、B´さんが死亡した場合、どうなるかというと・・・。

B´さんが独身で配偶者も子供もなかった場合

 遺産はBさんの元配偶者Cさんへ相続される。
 その後Cさんが死亡するとCさんの配偶者Dさんへ相続される。
 もし、Cさんが再婚していなかったとしたら、Cさんの両親や兄弟、姪甥に相続される。

B´さんに配偶者や子供がいた場合

 B´さんの配偶者と子供に相続される。

 というわけで、Aさんの遺産は、Aさんの子供A´さんにはわたらない。

 ここでB’さんが亡くなるとB’さんに渡された遺産の相続権はB’さんの親であるCさんにも発生する。

 このためBさんの元配偶者Cさんの血縁者および現在の配偶者Dさんに相続されてしまうということになる。

 要するにAさんともBさんとも関係のないまったくの赤の他人がAさんの遺産を相続することになるわけだ。

B´さんがAさんの養子になっていた場合

一次相続

 配偶者Bさんが1/2の2500万円。

 B´さんが1250万円、A´さんが1250万円。

二次相続以降

 Bさんがなくなった場合、B´さんへ2500万円、A´さんは0円。

 B´さんがなくなると、B´さんに配偶者や子供がいればそちらに、いなければ、B´さんの実の親、Cさんのほうに遺産は行く。

B´、A´(それぞれの連れ子)ともABさんとそれぞれ養子縁組していた場合

一次相続

 配偶者Bさんが1/2の2500万円。

 B´さんが1250万円、A´さんが1250万円。

二次相続以降

 Bさんがなくなった場合、B´さんへ1250万円、A´さんは1250万円。

 B´さんがなくなると、B´さんに配偶者や子供がいればそちらに、いなければ、B´さんの実の親Cさんのほうに遺産が行く。

 なんだかややこしい・・・。

 遺産相続は二次相続以降でもめるってよく言うけど。

 こうやって見てくると実に大変。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

亡くなった人にも確定申告をする義務がある
介護施設入居の場合の医療費控除の確定申告
老後のお金の管理を考えよう

老後のお金の管理を考えよう

遺言書でトラブルを起こさないためにメリットとデメリットを知ろう
働いていると老齢年金が減らされる?
特別方式による遺言書ってどんなもの?
社会福祉協議会の日常生活自立支援事業(旧地域福祉権利擁護事業)
紙おむつの確定申告
婚外子(非嫡出子)も嫡出子と同じ遺産相続の権利がある
平成27年から相続税がふえる?

平成27年から相続税がふえる?

お金があっても保証人が居ないと入院や施設入所ができない
秘密証書遺言書・公正証書遺言書の証人
遺言は必ず守られるわけではない

遺言は必ず守られるわけではない

相続人が痴呆老人や判断能力のない人の場合
死亡届っていったい何?どこにあって、どこに出す?

Menu

HOME

 TOP