低金利住宅ローンのわな

 住宅ローンは物価+2%が標準なのだそうだ。

 アベノミクス目標物価は2%。

 とすれば、住宅ローンは4%になるかもね。

 それでも、一時期の住宅ローンより安いけど。

 『これから住宅ローンもあがるし、消費税も上がる、今のうちに夢のmyホームの購入を』と考えている人は多いかも。

 それを当て込んでか、それまでよりはるかに低い金利で住宅ローンを提供し始めたメガバンク・・・。

 なんと0.6%の住宅ローン。

低金利住宅ローンのわな

 今までの変動金利型の住宅ローンは、半年ごとに世間の物価や金利情勢に応じて決められていく。

 金利が下がっていく場合は、住宅ローンの金利も下がる。

 上がれば、住宅ローンの金利も上がる。

 が、今回各メガバンクが提供している低金利の住宅ローンは、当初3年は低金利。

 3年後には、物価の上昇に関係なく自動的にローン金利が上がるようになっている。

 また、もし、金利が上がっていれば、さらに上乗せしてローン金利が上がる。

 というわけで、うまい話はそうそう転がっていないわけ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする