いま、世界で軽自動車が注目されている

 ガラゲーは廃れる一方だが、ガラ軽は違うらしい。

 ガラゲーってのは、日本固有の携帯電話・ガラパゴス携帯、略してガラゲーだ。

 ガラ軽とはなにか?

 日本でも売れてる、あれだ。

 税金も安く済む。

 そう、管理人の愛車・軽自動車。

 “日本の軽の最大の特長である小型、低燃費技術が、省エネルギー、環境面から世界の注目を集めている。
 次世代環境車として脚光を浴びる電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)は、「新興国では値段が高すぎる」(トヨタ自動車の内山田竹志会長)ことから、需要は先進国にしかない。
 これに対し、低価格の軽は成長市場の新興国で十分に通用する。
 インドの国民車の一角を占めるコンパクトカー(小型車)「マルチ800」は、スズキの軽「アルト」がベース。
 価格は日本円で36万円からで、「丈夫で壊れない」車として人気がある。
 ダイハツ工業は、同社の軽「ミライース」の低燃費技術を応用した小型車「アイラ」をインドネシアで発売する。
 ホンダも軽で培った車台(プラットホーム)技術を新興国での小型車開発に応用する方向。
 日本の軽自動車技術が、新興国の次世代環境車の主流になりつつある。”
 By産経新聞

 日本国内の売り上げも伸びてる軽自動車。

 何せ、税金が安い!燃費もいい。

 今の軽自動車の自動車税は7400円/年。

 1000L以下の自動車は、29,500円/年もする。

 今の軽は工夫がいっぱいだし。

 都会に住んでれば、自動車は必要ない。

 お金のない人は、まず、自動車を処分すべきだと思う。

 地方に住んでたりして、どうしても自動車は必要って人は、軽で十分。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする