MARS投資(マース投資)ってなに?

たまに見かけるMARS投資。

 MARS投資って一体何なの?

 横文字はわからないなあ。

MARS投資とは

 MARS投資とは、医療機関から診療報酬請求債権(MARS)を額面より低価格で買い取り、保険会社からより高い価格で回収することで、収益を上げるビジネスへの投資。
 レセプト債とも。

 ふーん診療報酬請求権を使った投資なのね。

 しかし、今のところ日本で、診療報酬請求権なんぞでビジネスが成り立つわけが無い。

 日本の医療保険制度は、公的保険に支えられているんだの。

 日本の病院は、診療報酬の請求は公的な健康保険の保険者に請求する。

 保険者は、市町村だったり、会社の所属する保険団体だったり。

 いずれにしても、公的機関か準公的機関だ。

 これが、海外となるとまったく事情が違ってくる。

 例えば、アメリカなどの場合、病院が診療報酬を請求するのは民間の保険会社が主。

 が、医療機関が保険会社から満足に診療報酬を受け取ることができていない現状がある。

 そこで、診療報酬の請求行為が債権として市場で扱われており、煩雑な診療報酬請求を専門とした回収ビジネスが存在している。

 この回収ビジネスがMARS(診療報酬請求債権)購入資金を募るために行っているのがMARS投資(マース投資)ということになる。

 一方、医療投信・医療ファンドといわれているものもあり、MARS投資(投信)もこの医療投信なんかの一種といえなくも無いが、基本的に医療投信というと、医療関連の企業への投資ファンドみたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする