SBI証券のSOR注文・メリット・デメリット

 SOR注文は個人投資家にとっては、SBI証券くらいしか使う機会が無いということで、SBI証券のSOR注文についてちょっと調べてみた。

SBI証券のSOR注文

 証券取引所(当社優先市場)とジャパンネクストPTSの第1市場(J-Market)および第2市場(X-Market)で提示されている気配価格等を監視し、原則、最良価格を提示する市場へ自動的に注文を執行する。

SBI証券のSOR注文のメリット

1、PTS(J-MarketまたはX-Market)で注文が執行された際は、証券取引所(当社優先市場)よりも取引手数料が約5%程低く設定しており、取引コストの軽減が見込まれる。

2、証券取引所(当社優先市場)とPTS(J-MarketおよびX-Market)で提示されている気配価格等を監視し、原則、最良価格を提示する市場へ自動的に注文を執行されるため、有利な条件で約定しやすい。

3、PTS(J-Market)では夜間取引も可能。

SBI証券のSOR注文のデメリット

・SOR注文選択時は、逆指値注文や執行条件付注文(寄成・引成・寄指・引指・不成・IOC成・IOC指)は利用できない。
・SOR注文を選択できる銘柄は東京証券所の全銘柄と言うわけではないのでご注意。

 SOR注文の詳細は、SBI証券のホームページで確認してね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする