確定拠出年金は税金上とっても優遇されている

 確定拠出年金は一応、私的年金の一種なのだが、税制上は、他の個人年金などよりも優遇されている。

 ちょっと、確定拠出年金の税金についてみてみよう。


確定拠出年金の税金

1、掛け金(保険料)は、全額所得控除の対象。

2、配当や譲渡益が非課税。

3、年金で受け取るときには、公的年金控除の対象になり、一時金として受け取るときには、退職金控除の対象になる(いずれも雑所得)。


確定拠出年金以外の個人年金の場合の税金

1、最高で10万円の所得控除を受けることができる。変額年金は、生命保険料控除の対象。

2、雑所得として課税。
 必要経費としての掛け金を引いた後の所得の計算になるので、税金がかからないことはある。
 年金控除などはない。


 と言うことで、他の個人年金に入るのならば、確定拠出年金に入ったほうがはるかにメリットが大きいようだ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする