投資信託の指標のひとつ、モーニングスターレーティング

 投資信託の指標のひとつ、モーニングスターレーティング。

 モーニングスターレーティングとは、ファンドのリターンとリスクを総合的にみて、運用成績が他のファンドと比べて良かったのか悪かったのか、相対的に評価を行うもの。


 同じ小分類(モーニングスターカテゴリー)に属すファンド同士で比べるもので、過去3年間のファンドのリスク調整後パフォーマンスが、小分類内のファンド群の中で相対的にどのランクに位置するかを黒い星印で示す。

 星の数は、1から5まであり、星の数が多いほど過去の成績が良かったことを示す。

 とはいえ、モーニングスターレーティングは過去の運用実績を示すもの。

 今後儲かるかどうかは、神のみぞ知る。
 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする