アクティブタイプの投資信託とインデックスタイプの投資信託のちがいは?

 運用の仕方によって、アクティブタイプの投資信託とインデックスタイプの投資信託に分けられる。

 はて?どう違うの?


アクティブタイプの投資信託とは

 プロが投資先を選んで運用する→アクティブタイプ


インデックスタイプの投資信託とは?

 市場の指数に連動する→インデックスタイプ

 インデックスタイプの投資信託の代表といえば、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)に連動する投資信託。
 日経平均株価やTOPXに連動して、投資信託の基準価格が変動していく。

 日本の株価以外にもいろいろとあって、個別の国の債券や平均株価・商品の指数に連動して値動きするインデックスタイプの投資信託がたくさん出ている。
 市場に連動するように機械的に行れ、運用にかかる手数料も安く設定されている場合が多い。

インデックス投資信託 アクティブ投信 投資信託 日経平均 TOPIX 東証株価指数

スポンサーリンク

シェアする

フォローする