投資信託とはどんなものか?

 投資信託というのはそもそもどんなものなんだろう?


投資信託とは? 

 複数の株や債権を組み合わせてファンドを作り、それを小額の金額で大勢の人間が買う。

 個別の株などを買おうとすると、大きな資金が必要だが、投資信託の場合、数十万から数千円で買うことができる。

 投資信託にもいろいろある。
 


構成する要素による投資信託の区別

・株式を中心にファンドを組んでいるもの
・債券(国債や社債など)を中心にファンドを組んでいるもの
・REITを組み込んだ不動産の賃料や売買利益を中心にした投資信託
・為替を中心にした投資信託など。


 これらの中で、日本の株や債券を中心にしたものやら、アジア地域を中心にしたもの、世界を対象にしたものなどがあり、組み合わせは無数にあるといっていい。

 リスクとリターンの配分もさまざま。

 安全性の高い、MRFやMMFは日本の債券を中心にした投資信託。
 外貨MMFは外国の債券を中心にして組まれた投資信託だ。

 また、投資信託の中には、スポットで募集するものと追加購入が可能なものなどもある。

 購入手数料やファンドの管理料もそれぞれ違うし、販売する会社によって、同じ投資信託でも販売手数料が違う場合もある。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする