ゆうちょ銀行の定額貯金と定期貯金どう違う?

  定額貯金と定期貯金、ゆうちょ銀行の預金の主力商品だ。

 でも、定額貯金と定期貯金どう違うのか知ってる?

 定期貯金と定額貯金は全く違う定期性預金だ。

 今日は、ゆうちょ銀行の定額貯金と定期貯金の違いについて。

郵便局の定額貯金と定期貯金

 定額貯金は、固定金利・入金後半年で出金可能・10年間預け入れることができる。

 一方の定期貯金は、預け入れ期間を1か月、3か月、6か月、1年、2年、3年、4年、5年のうちから選ぶ。

 一覧表にまとめると↓

 預け入れ期間 最低預け入れ額  
定額貯金 半年以上、10年未満 1,000円以上1,000円単位 3年までは6か月ごとに段階的に金利が変わります。

10年間半年複利

1口の預入金額は1,000円、5,000円、1万円、5万円、10万円、50万円、100万円または300万円の8種類。

口数単位での払戻しができる。
定期貯金 1か月、3か月、6か月、1年、2年、3年、4年、5年のうちから選択 1,000円以上1,000円単位 固定金利

自動継続あり
・元利金継続 ・元金継続を選択できる。

預入期間3年未満は単利、3年以上は半年複利で計算

中途解約手数料は無いが、金利は低下する。

分割払戻しはできない。
・100万円分で定期貯金を作ったら、50万円分だけの解約はできない。 

ゆうちょ銀行の定期貯金は一般銀行の定期預金とほぼ同じ

 ゆうちょ銀行の定期貯金は、一般銀行の定期預金と大体似たようなもの。

 一方、ゆうちょ銀行の定額貯金のほうは、定額貯金に似た形態をとっている銀行預金もあるが、定額貯金ほど預け入れ期間が長くない。

 定額貯金の場合、大半の銀行より預け入れ期間が長いので、高金利のときに預けると、恩恵が享受できる。

 また、必要になるかもしれないけど、いつ必要になるかわからないような資金の預け先には、便利。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする