休眠口座の残高を国庫には良いけれど

 政府が休眠口座の活用を検討しているそうだ。

 実は、この休眠口座のお金を国のお金にしちゃおうと言う発想、以前からあるらしい。


 何度か、検討されて、でも、銀行業界の反対で流れている。


休眠口座とは?

 長い間一度も取引が無く、預金者と連絡がつかない銀行口座。


 全国銀行協会のルールでは、『最後の取引から10年以上お金の出し入れがない預金のうち、残高が1万円未満の場合や、残高が1万円以上で預金者と連絡が取れないケースを、休眠口座と位置づけている。』


 法律的には、銀行の口座は5年以上、信用金庫などは10年以上にわたって一度も取引がないと、預金者の権利が消滅する。


 が、現在、銀行側は預金者からの申し出があれば、何年たっても払い戻してくれる。


 例えば、口座残高をゼロにしていたので、解約しないで放置したまま引っ越したりして、銀行側に引越しの連絡をしていなかった場合などが考えられる。


 残高ゼロなら問題ないと思われるだろうが、一時的に残高がゼロになっていても、その後預金の利子が口座に入っている場合がある。


 其れが何年もたつと、利子が利子を生んで行く可能性が。



 他にも亡くなった人の口座などは、家族も知らないままになっている可能性も。


 一番大きいのは、今回の東日本大震災でなくなった人たちの口座かも。

 一家中で亡くなった人や、親が死んで銀行のことなんかわからない子供だけが残されたなんて例が多そうだ。

 これが今回の案のように10年たった銀行口座は国が使うとなれば、10年後には莫大なお金が国庫に入るんじゃないんだろうか?


今出ている休眠口座の活用案

 現在検討されている案としては、『起業家や非営利組織(NPO)などに融資』『企業の復興支援策』に検討していると言う。



 法律的に無効になったお金・・・。


 活用するのは結構だが、天下りの給料やボーナスに使われるのはいやだなあと思うんだけど。

 独立法人とかNPOとか作って、復興支援の名前の下に実は、活動しないとか言う組織にお金が流れるの・・・。


 とてもありそうな気がする。



 管理人としては、全国の孤児の教育や身分保障にでも使えばいいと思うんだけど。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする