純金積立なら3000円程度から金が買える

 金は永遠の輝き。

 投資の対象でもある。

 金の取引の方法にもいろいろある。

 今回は、金の取引方法のうち『純金積立』について。

 純金積み立ては、昔からある金の投資方法(購入方法)。

 毎月、一定の額の金を買う方法で、例えば、『月3000円分の金を毎月買う』というような契約を取り扱いの会社と行う。

純金積立のメリットは?

 金の価格が低ければ、たくさんの金が買える。

 金の価格が高ければ、少ない金しか買えない(買い増しとかはできるけど)。

 純金積立のメリットは、ドルコスト平均法でリスクが少ないところ。

 配当がある場合もある。

 毎月の価格も大体が3000円程度から設定されているので、少ない金額から、こつこつ金をためるには最適かも。

 最終的には、金の実物と交換することもできる。

 現物の金と交換しないで、売ることもできる。

純金積立の注意点

 取り扱い会社によって、手数料や取引形態が違う。

 純金積み立てに興味のある人は、そこら辺に注意して会社を選ぶ必要がある。

 取り扱ってるのは、地金商・鉱産会社(大手では田中貴金属工業・三菱マテリアル・住友金属鉱山など)・商社(大手では三菱商事・住友商事・三井物産など)・宝石商と証券会社・銀行/信用金庫などの預金取扱金融機関・商品先物取引などの投資会社(エース交易・岡藤商事など)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする