お化け屋敷で心の傷・慰謝料などは請求できるか?

 お化け屋敷に怖がりの友達を連れて行ったら、賠償責任を請求される?

 夏の風物詩『お化け屋敷』。

 日本のお化け屋敷は、海外のお化け屋敷と比べると、格段に怖くて面白いのだそうだ。

 

 では、怖がりの友達をお化け屋敷に連れて行ったら、『心理的なトラウマになった、賠償して』といわれたらどうする?

連れて行かれたお化け屋敷の恐怖で、心理的に傷を負った場合賠償責任は請求できるのか?

1、『お化け屋敷がものすごく怖くて、体験した人が次々と『心に傷』を受け、ニュースになるほどの状態だった』

2、極度の怖がりであり、そのお化け屋敷に連れて行ったら『心に傷を負う可能性がある』と相手が認識していた場合。

3、嫌がるのを無理やり連れて行かれた場合。

 と、123の条件がそろえば、『不法行為責任』が発生し、慰謝料や治療費の請求が認められる可能性があるそうだ。

または、お化け屋敷に対して特別な恐怖を抱くような「特殊事情」がある場合。

 たとえば、「本人が特に恐怖に弱く、過去交通事故などで『心の傷』を受けた経験があるなど、『心の傷』を生じやすい状態だったような場合承知しているにもかかわらず、嫌がるのを無理矢理連れて行ったような場合」には、慰謝料等を請求できケースもあるらしい。

 どちらもポイントは『嫌がるのを無理やり連れて行った場合』。

 たかがお化け屋敷といっても、無理に連れて行って賠償責任なんて言い出されたらかなわない。

 気をつけようね。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage

求人が多くなる月、少なくなる月

noimage

年末調整ができない人はどんな人?

noimage

(親と)一緒に考える看取りのときチェックリスト

noimage

ATMのタッチパネルが冬に反応しにくくなるわけ

noimage

LED電球は、ほんとにお得?

noimage

お笑い芸人年収5000万円・母の生活保護は妥当か?

noimage

2013年1月1日受け取り分から、銀行利子も増税

noimage
noimage
noimage
noimage

誰でもできる偽造紙幣(偽札)の見分け方

noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP