ずぼらな人の貯蓄・まず積立から始めよう

 新年度が始まった、さあ、貯金をはじめましょう!

 お金を貯める第一歩は、なんたって、積立貯金だ。

1万円でも5千円でもいいから、とにかく積立を始めよう。

1、一番初めに考える積立商品

・社内預金

 社内預金・労金の天引き預金の手続きをしよう。
 入社のオリエンテーションなどで案内されると思う。
 財形貯蓄は、年一回の手続きしかできないが、社内預金や労金の積立は、いつからでもできるのが利点。

・給料の入金口座の自動積立

 給料の入金口座で、即、積立定期の手続きをしよう。
 社内預金など以外に給料振込みにしている銀行口座で、自動積立の手続きをしよう。
 いざって時の予備費になるよ。

・財形貯金の申し込み時期がきたら、忘れずに、申し込みをしよう。
 財形貯蓄には、低利でローンが借りられるなどの特典がつく。

 メリットは、『手続きしないでも自動で貯まる』ってとこ。

 いちいち高金利の定期預金を求めて、資金を移すのはずぼらな人には向いていない。

 ずぼらで、めんどくさがりの人は、この3つだけでとにかく積み立てていくといい。

 それぞれ1万円ずつとしても、月3万円×12=36万円。

 10年で360万円になる。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

海外療養費ってなに?

noimage

りそな銀行のATM入出金

noimage
noimage
noimage

国民幸福度97%ブータンの秘密

noimage

作業員の線量計に鉛版をかぶせて、線量隠し

noimage

住信SBIネット銀行給与振込キャンペーン

noimage

被災者生活再建支援法による自然災害被害者への援助

noimage

nanacoの交換手数料が無料になった

noimage
noimage

香川銀行給与振込キャンペーン

noimage

安全性の非常に高い投資信託・MMFとMRF

noimage
noimage

証券マンが薦めない金融商品にメリットあり

noimage

個人型確定拠出年金の申し込み先・銀行

Menu

HOME

 TOP