ずぼらな人の貯蓄・まず積立から始めよう

 新年度が始まった、さあ、貯金をはじめましょう!

 お金を貯める第一歩は、なんたって、積立貯金だ。

1万円でも5千円でもいいから、とにかく積立を始めよう。

1、一番初めに考える積立商品

・社内預金

 社内預金・労金の天引き預金の手続きをしよう。
 入社のオリエンテーションなどで案内されると思う。
 財形貯蓄は、年一回の手続きしかできないが、社内預金や労金の積立は、いつからでもできるのが利点。

・給料の入金口座の自動積立

 給料の入金口座で、即、積立定期の手続きをしよう。
 社内預金など以外に給料振込みにしている銀行口座で、自動積立の手続きをしよう。
 いざって時の予備費になるよ。

・財形貯金の申し込み時期がきたら、忘れずに、申し込みをしよう。
 財形貯蓄には、低利でローンが借りられるなどの特典がつく。

 メリットは、『手続きしないでも自動で貯まる』ってとこ。

 いちいち高金利の定期預金を求めて、資金を移すのはずぼらな人には向いていない。

 ずぼらで、めんどくさがりの人は、この3つだけでとにかく積み立てていくといい。

 それぞれ1万円ずつとしても、月3万円×12=36万円。

 10年で360万円になる。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

どこに100万円預けようか考え中

どこに100万円預けようか考え中

noimage

お子様のアルバイトは103万円まで

noimage

車の購入はローンではなく、購入費用を貯めてから

noimage

ワオンカードのICチップが壊れてワオンが使えない

noimage

高額の外来診療費の支払方法が変わる

noimage

全国銀行個人信用情報センターってどんなところ?

noimage

電気代を節約するなら、TV画面は小さいほうが得になる

noimage
noimage

みずほ銀行ATM休止・6月29日から7月1日まで

noimage
noimage

確定拠出年金は税金上とっても優遇されている

noimage

通うなら、どんな病院が一番お得?

サラリーマンなら財形貯蓄でお金をためよう

サラリーマンなら財形貯蓄でお金をためよう

noimage

ビットコインメリット・デメリット

noimage

ワンタイムパスワードってなに?

Menu

HOME

 TOP