株の注文の出し方

 普通に株取引といえば、単位株の売買。

 証券会社に口座を作ったら、預かり金を入金して、その金額内で売買する。

 株の値段は1株単位の値段で注文を出す。

 注文の出し方は、『指値』『成行注文』と2種類ある。

 ちなみに、売買手数料や口座管理料も各証券会社によって違うので、ご注意。


指値注文とは何か?

 指値注文というのは、1株の買値(売値)を決めて、その値段になったら、買います(売ります)という注文の出し方。

 証券会社によって注文が有効になる期間が違う。

 『1日』『1週間』『1ヶ月』などさまざま。


成り行き注文とは?

 成り行き注文の場合、『いくらでもいいから、A社の株がほしい』という場合に出す注文のしかた。

 注文を出すと、必ず、売買できるが、想像した金額から、外れた金額が確定してしまうこともある。


一日に同じ会社の株を売買する場合

 A社の株を買ったその日に、買ったA社の株を売るというような場合、証券会社によって回数に規制がある場合がある。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage

いま、世界で軽自動車が注目されている

noimage
noimage

『乗った分だけ車を買う』残価設定型ローンのからくり

noimage

鶴岡信用金庫の定期預金は高金利

今日は阪神淡路大震災が起こった日

今日は阪神淡路大震災が起こった日

noimage
noimage

12月の定期預金、どこが高金利?

noimage

傷病手当金の日額報酬は入社時に決定される

セブン銀行ATM年末年始利用できない銀行および金融機関

セブン銀行ATM年末年始利用できない銀行および金融機関

noimage

労災の休業補償給付と解雇

noimage

今度は地方銀行で吸収合併が起こる?

noimage

マイホームを売ったら、特例を利用しよう

noimage

相続人の中に行方不明の人がいる場合

noimage

信用金庫や農協の出資金の配当は意外に高金利

Menu

HOME

 TOP