株の注文の出し方

 普通に株取引といえば、単位株の売買。

 証券会社に口座を作ったら、預かり金を入金して、その金額内で売買する。

 株の値段は1株単位の値段で注文を出す。

 注文の出し方は、『指値』『成行注文』と2種類ある。

 ちなみに、売買手数料や口座管理料も各証券会社によって違うので、ご注意。


指値注文とは何か?

 指値注文というのは、1株の買値(売値)を決めて、その値段になったら、買います(売ります)という注文の出し方。

 証券会社によって注文が有効になる期間が違う。

 『1日』『1週間』『1ヶ月』などさまざま。


成り行き注文とは?

 成り行き注文の場合、『いくらでもいいから、A社の株がほしい』という場合に出す注文のしかた。

 注文を出すと、必ず、売買できるが、想像した金額から、外れた金額が確定してしまうこともある。


一日に同じ会社の株を売買する場合

 A社の株を買ったその日に、買ったA社の株を売るというような場合、証券会社によって回数に規制がある場合がある。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

年賀状を元旦に届くようにするには

年賀状を元旦に届くようにするには

noimage

身近になった貸し金庫

noimage

ダイヤル回線でプッシュホンサービスを使う

noimage

野村信託銀行からの出金方法

noimage

国税庁確定申告作成コーナーのPDFが表示されない

noimage

グレーゾーン金利と過払い金

noimage

SBI証券では、現物株取引においてSOR注文が使えます

noimage

OCNの無料家計簿ソフト

noimage

楽天Edyのチャージ方法が大幅に増えた

noimage

SBI証券取り扱いの元本保障型確定拠出年金商品について

noimage

メガバンクの15倍以上、冬のボーナス預け先は?

noimage

復興国債、本日販売開始

noimage
noimage

個人向け国債販売開始

noimage

Menu

HOME

 TOP