トマト銀行インターネット支店開設4周年記念キャンペーン

 1年もの定期預金で常に高金利預金にランクインするトマト銀行のスペシャルきびだんご定期。

 2014年5月の預金金利は、0.45% 。

 1年定期、単利型、満期後は自動継続、預け入れ額1万円以上300万円以下1円単位。

 確か、前回トマト銀行のインターネット支店をご紹介したときには、預け入れ限度額が100万円だったはず。

 今回は、なぜか預け入れ限度額300万円まで。

 何かの間違いでは無いです。

募集総額100億円まで、トマト銀行インターネット支店開設4周年記念

 実は、トマト銀行のインターネット支店は、開設4周年で、現在キャンペーン中。

 このため、預け入れ限度額が100万円から300万円に引き上げられている。

 ただし、募集総額が100億円まで。

 キャンペーン期間は、6月2日までだが、募集総額に達すると元の100万円の預け入れ限度額に戻る。

 金利については、昨年9月に調べた定期預金金利と変わらない。

 が、募集総額に達した後はどうなるかは不明。

 300万円までのお金を預けるなら、今がお得。

イーネットATMで平日8時45分から18時まで入出金手数料が無料になった

 2014年5月12日から、イーネットATMでの入出金手数料が無料になった。

 イーネットATMは、ファミリーマートなどに設置されている。

 もともと、トマト銀行インターネット支店の入出金は、トマト銀行のATMだけでなく、セブン銀行・ゆうちょ銀行のATMで無料でできる(時間外と土日は手数料がかかる場合がある)

 ここにイーネットATMが加わって、トマト銀行インターネット支店が一段と使いやすくなった。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

TPP・関税の問題はどうなった?

noimage

WAONポイントに交換できる他社のポイントの交換レート

noimage

配偶者と住所が違うと遺族厚生年金がもらえない?

noimage

ディスカウント債/ディスカウント外債

東日本大震災被災者への他行預金払い戻し状況
noimage
noimage
noimage

高金利定期預金のわな

noimage

SBI証券でミャンマー関連株への投資が可能になった

GDP(国内総生産)っていったい何?

GDP(国内総生産)っていったい何?

noimage

給与所得控除は?

noimage

投資信託の販売手数料が無料・ノーロードの投資信託

noimage
noimage

日本の平均株価は、海外に比べて出遅れている?

noimage

SBI証券では、現物株取引においてSOR注文が使えます

Menu

HOME

 TOP