クレジットカードを利用した場合の仕訳け

 青色申告をする個人事業主の場合、クレジットカードで買い物をするという場合も多い。

 しかも、自分(個人)のクレジットカードでものを買ったりする場合が結構あるのだと思う。

 本当は、事業で使うものは、専用のクレジットカードで購入して、私用で使うものと別々のクレジットカードで購入したほうがいいのだろうが。

 なかなか、個別に管理できない。

 というわけで、今日は、クレジットカードでものを買った場合の仕訳と私用のクレジットカードで事業用のものを買った場合の仕訳けについて。

事業専用のクレジットカードでものを買った場合

 1万円の事務用品をクレジットカードで購入した場合

・購入日の日付で〔借方〕消耗品費10,000/〔貸方〕未払金10,000。

・代金が事業用の銀行口座から引き落とされた場合

〔借方〕未払金10,000/〔貸方〕普通預金10,000

・個人用の口座から引き落とされた場合

〔借方〕未払金10,000/〔貸方〕事業主借10,000

個人用のクレジットカードでものを買った場合

 1万円の事務用品をクレジットカードで購入した場合

・購入日の日付で〔借方〕消耗品費10,000/〔貸方〕未払金10,000。

・代金が事業用の銀行口座から引き落とされた場合

〔借方〕未払金10,000/〔貸方〕普通預金10,000

・個人用の口座から引き落とされた場合

〔借方〕未払金10,000/〔貸方〕事業主借10,000

 というわけで、仕訳けはどちらも同じ。

 ポイントは、事業用の口座からの引き落としか、個人用の口座からの引き落としかという点。

クレジットカードで私物を買って、代金が事業用の銀行口座から引き落とされた場合

・クレジットカード引き落とし日の日付で
〔借方〕事業主貸10,000/〔貸方〕普通預金10,000

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage

郵便局でお金を送るお得な方法は?

noimage

健康保険の傷病手当金と失業手当を無駄なくもらおう

noimage

クレジットカードの年会費は、元を取れるか?

noimage

転職・退職・就職時の個人型確定拠出年金の取り扱い

noimage
noimage
noimage

香川銀行給与振込キャンペーン

noimage

ただいま旧ブログから記事の移行中

noimage

金融庁検査ってどんなもの?

noimage

お金をかけずにXPのサポート終了を乗り切る方法

noimage
noimage
noimage

管理人は見た!あきれた生活保護受給者の例

noimage

自動車税を安くするには?

Menu

HOME

 TOP