法定相続人ってどこまでの親族?

 いままで、相続税といえば『金持ち以外関係ない』話だったのだが、27年から大幅に対象者が増えるといわれる。

 と相続税の話の前に、相続人の話をちょっと。

 法律で決められている相続人ってどんな人たちなんだろう?

[スポンサーリンク]

法定相続人

1、配偶者(内縁の妻、愛人は対象外)

2、直系卑属(ひぞく)⇒実子、養子、内縁関係愛人関係にある人との子供

 養子については、相続税法上では被相続人に子供がいる場合、法定相続人としては1人だけが税金の控除対象として認められ、子供がいない場合は、2人まで税金の控除対象として認められる。

 非嫡出子については、現在の法律では、嫡出子(正式な婚姻関係による子供)の1/2の相続権しか認められていない(今年の最高裁では、違憲判決が出たので、今後は変わるかもしれない)。

 平成25年9月5日以後非嫡出子(正式な婚姻外でできた子供)も嫡出子と同様のあつかいをすることになった。

非嫡出子の遺産相続に関する詳細はこちらの法務省HPへ

3、直系卑属(ひぞく)⇒子供がすでに亡くなっている場合孫、孫もすでになくなっている場合ひ孫(子の一人が亡くなっていて、他の子供が生きている場合でも、代襲相続の対象となる)

4、直系卑属(ひぞく)がすべていない場合、父母(直系尊属)

5、直系卑属がすべていない場合で、父母もいない場合祖父母

6、直系尊属、直系卑属ともいない場合兄弟姉妹

7、直系尊属、直系卑属兄弟姉妹ともいない場合兄弟姉妹の子供(甥姪)

*再婚した相手の子供は、養子縁組をしなければ法定相続人とならない。

*遺言状と法定相続では、遺言状のほうが優先される。

配偶者の法定相続分とそのほかの相続人の相続割合

 法律的には、配偶者の相続分が一番多くなる。

 例)配偶者と子供⇒配偶者1/2、子供1/2÷人数

 例)配偶者と父母⇒配偶者2/3、父母は残り分

 例)配偶者と兄弟姉妹⇒配偶者3/4、兄弟姉妹は残り分(代襲相続で甥や姪が相続するケースもある)

 例)配偶者がすでになくなっている場合⇒すべて子供(子供も亡くなっていれば、孫、孫もなくなっていればひ孫)

 例)配偶者子供孫とも居ない場合は⇒両親

 例)両親も配偶者も子供も孫も居ない場合は⇒祖父母

 例)両親も配偶者も子供も孫も祖父母も居ない場合⇒兄弟(兄弟がなくなっている場合は甥姪)

 

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

老後のお金の管理を考えよう

老後のお金の管理を考えよう

紙おむつの確定申告
秘密証書遺言書・公正証書遺言書の証人
介護施設入居の場合の医療費控除の確定申告
遺産相続は二次相続以降でもめる

遺産相続は二次相続以降でもめる

働いていると老齢年金が減らされる?
高齢者ドライバーは家族にもどうにもならない
マイナンバー通知カードがない
献体なら火葬代がかからない

献体なら火葬代がかからない

リビング・ウイルを書いてもらわなきゃ
平成27年から相続税がふえる?

平成27年から相続税がふえる?

婚外子(非嫡出子)も嫡出子と同じ遺産相続の権利がある
遺産を特定の人に相続させたくない場合には相続人廃除の申立
老齢基礎年金をもらうためには国民年金保険料は何歳まで払わなくてはならない?
遺言は必ず守られるわけではない

遺言は必ず守られるわけではない

Menu

HOME

 TOP