長期金利が上がるとなぜ、住宅ローンの金利が上がる?

 長期金利が上昇して、住宅ローンの金利も上がり傾向だという。

 ところで、住宅ローンの金利はどうやって決まっているのだろう?

 まずは、住宅ローンの返済タイプから。

 住宅ローンの返済のタイプは大体3つ。

変動金利

 半年に1回金利の見直しを行いますが、返済額は5年に1度の見直し。
返済額の見直しのときに返済額が増えていても、これまでの返済額の1.25倍が上限。

 変動金利は「短期プライムレート(略称:短プラ)」がベース。

 「短期プライムレート」+1%=住宅ローンの基準金利(店頭金利)。

一定期間固定金利

 借入当初の金利が一定期間一定となるが、その期間が終わると再度金利を選択する必要がある。
 ほとんどの金融機関で期間が3、5、10年の金利を選択可能。

 一定期間固定金利は「円金利スワップレート」という市場金利がひとつの基準。
 「円金利スワップレート」は金融機関が企業に貸し出す特別な金利(デリバティブ金利)の一種。

全期間固定金利

 代表格はフラット35、一部の金融機関で15~35年の金利を選択可能。

 新発10年物国債の金利がベース(長期プライムレート)。

 それぞれ、基準となるものが違うらしい。

 ちなみに、「短期プライムレート」は「長期プライムレート」より値動きが遅い。

 長期プライムレートが上がった後には短期プラムレートもあがってくるのだそうだ。

 てなこんなで、長期金利が上がるということは、短期プライムレートが上がる前兆。

 短期プライムレートが上がるということは、変動金利の住宅ローンの金利が上がると言う図式らしい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする