最低賃金について知ろう

 最低賃金ってどうやって決まるんだろう?

 そもそも最低賃金ってどういうもの?

 外国の最低賃金って日本と比べて高いの?低いの?

最低賃金とは?

 最低賃金法に基づき、事業者が従業員に支払う賃金の最低限度について国が定めるという制度。

 最低賃金の金額については、物価など生活環境が異なり、都道府県ごとに定める。

 最低賃金は労働者を守るセーフティネットという位置付けであり、その金額は生活保護の水準を下回らないよう常に見直されることになっている。

日本の最低賃金・高い県低い県

最低賃金が高い都道府県

⇒東京都869円、神奈川県868円、大阪府819円。

最低賃金が低い都道府県

⇒青森県 665円、岩手県 665円 、宮城県 696円 、秋田県 665円 、山形県 665円 、福島県 675円?、 鳥取県 664円 、島根県 664円、徳島県 666円 、香川県 686円 、愛媛県 666円、高知県 664円、佐賀県 664円?、 長崎県 664円、熊本県 664円 、大分県 664円 、宮崎県 664円 、鹿児島県 665円、沖縄県 664円。

生活保護費より最低賃金が低い県

 北海道、千葉、青森、宮城、埼玉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫、広島。

*2013年7月。

外国の最低賃金はどうなっている?

・フランスの最低賃金は9.43ユーロ(約1331円)。

・英国は6.31ポンド(約1065円)。

・米国は各州を平均するとだいたい8ドル(約812円)程度。

・ドイツでは低賃金労働の相場は6ユーロ(約847円)。

 俗に言う先進国と比べると、日本の最低賃金の低さが目立ってしまう。

 まあ、失業率とかもあるから、日本の労働環境が悪いとは一概に言えないけど。

 労働者としては、なんだか悲しいものがある。

 しかも、生活保護世帯よりも最低賃金のほうが低いって・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする