ガス台のひどいこびりつきや油汚れを重曹できれいにするには

 「節約になりますよ」とは必ずしもいえないのだが、安心して使うことが出来る。

 そして、少なくとも節水になると思うのが、重曹でのガス台のお掃除。

 重曹は、炭酸水素ナトリウム・重炭酸ソーダとも言われる。

 特徴は、アルカリ性で、水に溶けにくいこと。

 食品に使われるベーキングパウダーと同じと考えていい。

 ガスレンジなどの強い油汚れに使うとものすごく良く落ちる。

 ただ、重曹で強い油汚れや焦げ付きを落としたいと思ったときは、コツがいる。

[スポンサーリンク]

ガスレンジなどの焦げ付き・油汚れの落とし方

1、水は少なめ、固めのペースト状になるようにして使う。

2、ぼろ布などで、こすると相当強い汚れでも落ちる。

3、重曹ペーストで汚れを落としたら、固く絞った布などで、ふき取る。 

口に入れても安心

 もともとが食品に使われる成分なので、口に入れても安全(大量に摂取すれば、体に害はあるが)。

 水を流さなくても、ふき取るだけですむ。

 ずぼらな人にもお勧めです。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage

組合費が高い

noimage

学歴とお金は大事です

noimage
noimage

病院の法人形態と税金の優遇

noimage

自動車にかかる税金や諸経費

noimage
noimage

4月の定期預金金利が全体に下がっている

noimage

相続人の中に行方不明の人がいる場合

noimage
noimage

ダイヤル回線でプッシュホンサービスを使う

noimage
noimage

募集中・利付国庫債券の概要

noimage

自然災害と火災保険

noimage

日本の平均株価は、海外に比べて出遅れている?

Menu

HOME

 TOP