社会保障を利用して無駄な出費を避けよう一覧

日本は社会保障が充実している。公的な保険や給付・扶助をきちんと理解すれば無駄な出費が防げる。健康保険・国民年金や厚生年金や共済・雇用保険・労災、障害者に対する給付などについて知ろう。

労働災害で治療用装具を作ったときの労災保険療養費用の給付の申請

ぎっくり腰で労災申請してコルセットを作った。費用は、いったん現金で支払ったが、労災保険の療養費用の給付で後日全額戻ってくる予定。今日は、コルセットなどの装具を労災で作った場合の労災保険の療養費用の給付の申請手続きのお話し。

家族の健康保険の扶養(被扶養者)になるための条件

健康保険の扶養家族になる。これが一番お金がかからない。同居していない家族でも扶養になれる場合もある。退職したら、家族の健康保険の扶養に入りたいものだが、健康保険の扶養家族になるためには、色々と条件がある。協会けんぽの例を見てみよう。

雇用保険の失業手当受給期間の延長どんな書類が必要?

雇用保険の失業手当受給期間の延長は、基本的には、ハローワークに直接行くのが一番。だが、郵送や代理人でも手続きできる。今回は雇用保険の失業手当受給期間の延長にどんな書類が必要か?について。ただし、管轄のハローワークによって、他に必要といわれる場合もある。

健康保険の傷病手当金と失業手当を無駄なくもらおう

病気やけがなどですぐに働けない場合、雇用保険の失業手当を貰えないと思っている人、病気やけがなどで、働くことができない場合、失業手当ての受給期間延長申請ができる。上手に利用して「健康保険の傷病手当金」「雇用保険の失業手当」無駄なくいただこう。

年金受給者にも年末調整がある?

年金受給者にとって、年末調整に当たるのが「扶養親族等申告書」。「確定申告不要制度」で確定申告していない人も、65歳未満で108万円以上、65歳以上で158万円以上の老齢年金を受け取っている人は、「扶養親族等申告書」を返送しないと、高い税金を払うことになる。