年末調整の生命保険料控除

 年末調整の生命保険料控除もちょっと書きにくい。

 なぜなら、昔とちょっと違うから。

以前の生命保険料控除の対象

・一般の生命保険料
・個人年金保険料

 各保険料5万円、トータルで、支払った保険料の総額10万円までの保険料が控除の対象となる。

新しい生命保険料控除の対象

・一般の生命保険料
・個人年金保険料
・個人介護保険料

 トータルで12万円までの保険料が控除の対象。

 平成23年12月31日までに契約を締結した旧保険契約については、各5万円の保険料控除のまま残る。

 平成24年1月1日以降契約を締結した新保険契約については、4万円の生命保険料控除に引き下がり、そこに介護保険医療保険料タイプのものが加わり、全体としての生命保険料控除対象となる支払い保険料10万円から12万円にアップする。

保険商品そのものが生命保険料控除を受けられる商品であるのかの判断は?

 年末調整の時期が近づいてくると契約者のもとに「生命保険料控除申告書」という書類が送られてくる。

 そこに『一般の生命保険料控除』『個人年金保険料控除』、あるいは『介護保険料控除』に該当するかが明記されているはず。

 この内容を見て、生命保険料控除を記載していけばいいことになる。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

楽天銀行から手数料無料で出金するする裏技

noimage

銀行名を騙った、メールにご注意

noimage

誰でもできる偽造紙幣(偽札)の見分け方

noimage

ワンタイムパスワードってなに?

noimage

ブラック企業に就職しないためのチェックポイント

noimage
noimage
noimage
noimage

高額の外来診療費の支払方法が変わる

noimage
noimage

りそな銀行のATM入出金

noimage
noimage

目に見えにくい機会損失に敏感になろう

noimage

楽天銀行の円定期の特別金利キャンペーン

noimage

公的年金にも住民税がかかる!

Menu

HOME

 TOP