楽天証券VSSBI証券NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)を取扱商品・売買手数料

 楽天証券とSBI証券のNISA(ニーサ・少額投資非課税制度)を取扱商品・売買手数料などから比較してみよう。

楽天証券NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)を取扱商品・売買手数料

・国内株式⇒売買手数料0円

・投資信託⇒約1400本の内419本がノーロード(売買手数料無料)

・海外ETF(米国ETF・中国ETF・シンガポールETF)⇒買い付け手数料無料

・外国株式
⇒米国、中国株式、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア株式。

SBI証券NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)を取扱商品・売買手数料

・国内株式⇒売買手数料0円

・投資信託⇒約1400本の内417本がノーロード(売買手数料無料)

・海外ETF(米国、香港、韓国)⇒買い付け手数料無料

・海外株式
⇒米国、香港、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア

 まあ、どちらも大して変わらないような・・・。

 しいて言えば、海外株式にベトナム・韓国・ロシアが入っているかどうかって所。

*楽天証券もSBI証券も取り扱う投資信託などの本数が変わる可能性はあります。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

LED電球は、ほんとにお得?

noimage
noimage

日経平均は20000円台になる?

noimage
noimage
noimage

金ETF・手軽な金額で、金の取引

noimage

財形制度の種類とペナルティ

noimage

子供が勝手に財布や引き出しからお金を盗ったら?

noimage

住民税を払わないとどうなる?

noimage
noimage
noimage
noimage

新発債・既発債の違い

noimage

確定拠出年金の運用機関・保険会社編

noimage

所得税と住民税の控除の違い

Menu

HOME

 TOP