楽天証券VSSBI証券NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)を取扱商品・売買手数料

 楽天証券とSBI証券のNISA(ニーサ・少額投資非課税制度)を取扱商品・売買手数料などから比較してみよう。

楽天証券NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)を取扱商品・売買手数料

・国内株式⇒売買手数料0円

・投資信託⇒約1400本の内419本がノーロード(売買手数料無料)

・海外ETF(米国ETF・中国ETF・シンガポールETF)⇒買い付け手数料無料

・外国株式
⇒米国、中国株式、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア株式。

SBI証券NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)を取扱商品・売買手数料

・国内株式⇒売買手数料0円

・投資信託⇒約1400本の内417本がノーロード(売買手数料無料)

・海外ETF(米国、香港、韓国)⇒買い付け手数料無料

・海外株式
⇒米国、香港、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア

 まあ、どちらも大して変わらないような・・・。

 しいて言えば、海外株式にベトナム・韓国・ロシアが入っているかどうかって所。

*楽天証券もSBI証券も取り扱う投資信託などの本数が変わる可能性はあります。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

確定拠出年金の運用機関・保険会社編

noimage

みずほ銀行が危ない!で詐欺

noimage
noimage

MMFマネー・マネジメント・ファンドとは?

noimage

無駄なお金をかけずマウスを再生する

noimage

年末年始ATM利用状況

noimage

投資信託の基準価格というもの

noimage

SBJ銀行ってどんな銀行?

noimage

証券マンが薦めない金融商品にメリットあり

行方不明者の住民票の職権削除

行方不明者の住民票の職権削除

noimage

楽天銀行の定期預金キャンペーン

noimage

SBI証券のパスワード変更の仕方

noimage

ゆうちょ銀行への振込みについて知ろう

noimage

プロミスの無利息キャッシングとは

どこに100万円預けようか考え中

どこに100万円預けようか考え中

Menu

HOME

 TOP