通信費を節約しよう・格安SIMカードを使う

 結構高い通信費。

 実は、ちょっとした工夫で携帯電話の通信費というのは安くなる。

スマートフォンの割引サービスは本当にとくか?

 家はドコモなのでドコモの月々サポートで考えてみる。

 「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」「らくらくパケ・ホーダイ」または、定額データプラン(「定額データプラン フラット バリュー」「定額データプラン スタンダード2 バリュー」)のいずれかに加入。

 FOMA/Xiの基本使用料、国内通話通信料、パケット定額料、付加機能使用料(一部除く)の合計額から割引。

 この中で、一番安いらくらくパケホーダイは2,980円+SPモード315円+基本使用料780円+月々の通話料+末端代金:2,240円=6315+α円/月。

 末端代金を差し引いても4075円/月。

 月々サポート:1,890円割引。

 6315+α円/月-1,890円=4425円+α。

 末端代金を考えないと2185円+α/月

 こうやって見ると、パケホーダイの金額より割引金額のほうが少ない。

 どこのキャリアでも、同じキャリア同士の通話料はゼロ円にしているようだが、実際、通話するのに、同じキャリアだけに電話するわけもなし。

2台持ちのほうが通信料金は安くなる

 携帯電話は、実は2台持ちのほうが通信料金が安くなるケースがほとんど。

 1台は従来のフューチャーフォン。

 こちらは通話用として使う。

 無料通話分は通話状況に応じて、つけたほうが良いかも。

 スマートフォンのほうは、別にSIMカードを購入する。

 安いところは月の使用料金400円くらいからある。

 いずれにしても980円以下。

 しかも使い放題(ただし、はじめにSIMカードの購入代金はかかる)。

 キャリアのSIMカードの通信より通信速度は遅いが、動画でも見ない限り、支障はない。

 

 月2100円分の無料通話分のつくタイプMバリューを選んでも1575円/月+490円=2065円。

 丸丸無料通話分がお得になる計算。

 キャリアメールは使えないが、インターネットには接続できるので、webメールを利用すればいい。

 また、このやり方だと、フューチャーフォン一台でメールをやり取りするより安上がりになる。

SIMカードを使わないって言う手もある

 SIMカードを使わないでスマートフォンを利用するという手もある。

 最近は、街中でも無料で接続できるサービスがある。

 セブンイレブンをはじめコンビニ各店舗は無料でインターネットに接続できるサービスを提供している。

 他にも、スターバックス・PCデポなどでも無料でインターネット接続ができる。

 自宅に無線LANがなくても、無線LANを内蔵したパソコンがあれば、無料でスマートフォンをインターネットに接続できる。

 必ずしも、SIMカードを利用しないとスマートフォンが使えないって言うものでもない。

固定電話をまったく使わないなら、キャリアの定額プランがとくかも

 固定電話の回線をまったく使わないのなら、キャリアの定額プランでデザリングを使って、インターネットに接続するのもひとつの方法。

 または、Wi-Fiモバイルルーターを使って、通話は携帯電話ってのも手の内。

 でも、値段的には、2台もち+ADSL接続と大して変わらないような気がする。

 今度計算してみよう・・・。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

みずほ証券入金方法

noimage

確定拠出年金の運用機関・証券会社

noimage
noimage

クレジットカードのリボ払いは絶対にしてはいけない

noimage

出産に関する社会保障を比べてみよう

noimage

先物取引ってどんなもの?

noimage
noimage

香川銀行インターネット支店へ初回ログイン

noimage

傷病手当金の日額報酬は入社時に決定される

noimage

国民健康保険組合の給付や保険料は超お得

noimage

国民健康保険の給付内容は?

noimage
noimage

日本の平均株価は、海外に比べて出遅れている?

noimage

健康保険の任意継続

noimage

野村信託銀行のデメリット

Menu

HOME

 TOP