クレジットカードの紛失・盗難・カード番号の流失時の対処

 「2ちゃんねるビューア」で、ユーザーの個人情報が流出した。

 流出した個人情報は、氏名・住所・クレジットカード番号・セキュリティコード・メールアドレスだそうだ。

 クレジットカード番号が流出しちゃったということは、そのクレジットカードが不正利用される可能性が高いということだ。

 要は、クレジットカードを盗まれたのと変わらない。

 この場合の対処方法。

 カード情報の流出だけでなく、クレジットカードを紛失した場合も同じ対処を行うので、覚えておこう。

クレジットカード情報が流出・盗難・紛失した場合の対処法

1、クレジットカード会社に連絡して、クレジットカードの利用を停止する。

 紛失・盗難の届けを出した日からさかのぼって届出以降の損害額をクレジットカード会社 が負担してくれる。

 規約で不正利用された場合の補償内容(期間)が明記されている。

 ほとんどのクレジットカード会社では、クレジットカードの紛失・盗難に備えて、24時間体制で対応体制を整えている。

 手元にクレジットカードがある場合には、クレジットカードに連絡先が記載されている。

 紛失などで手元にクレジットカードがない場合については、会社さえわかれば、インターネットで調べることもできる。

 また、送付されたときの書類にも必ず連絡先が記載されている。

 ちなみに、利用停止の連絡をすると、そのクレジットカードで支払っているものの支払いも当然だができなくなる。

2、不正利用されていないかを利用明細で確認

 クレジットカードが不正利用されているかどうかは、カード会社にはわからない。

 きちんと自分で利用明細を確認して、不正利用されていたら、すぐ、クレジットカード会社に連絡しよう。

 利用停止後でも、今までの利用の引き落とし自体は行われるので6ヶ月ぐらい(カード会社によっても異なるが、ボーナス払いで不正利用されている場合もあるので)は、利用明細を確認して不正利用されていないか監視する必要がある。

 なお、不正利用が発覚した場合でも、明細書の送付後一定期間が過ぎていると引き落としがされてしまうケースがほとんど。

3、クレジットカードを利用している引き落としなどの変更を行う

 クレジットカード会社では、新しいカードを送ってくれる。

 が、この新しいクレジットカードは、カード番号などが違ってくるため、クレジットカードで引き落としをしている場合は、カードの変更を登録しなおす必要がある。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

コモディティ投資信託は株や債券と違う値動きをする

noimage
noimage

栃木銀行給与振込口座指定キャンペーン

noimage

OCNの無料家計簿ソフト

noimage

レイクの無利息ローンは2種類

noimage

無駄なお金を使わせるスーパーの戦略をかわす方法

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
セブン銀行ATM年末年始利用できない銀行および金融機関

セブン銀行ATM年末年始利用できない銀行および金融機関

Menu

HOME

 TOP