会社を辞めてフリーになったら入ったほうがいい保険

 会社を辞めて自営業(フリーランス)、入っておきたい保険は何?

 サラリーマンと自営業、入っておきたい保険はちょっと違うかもしれない。

公的保険・保障でまかなえない部分

・休業時の収入補償。

 国民健康保険でも、病気のときの自己負担額は変わらない。

 が、病気になったときの休業補償といえる傷病手当金の制度が国民健康保険にはない。

 というわけで、この分は貯金して蓄えるか、収入補償保険で備えるかしないといけない。

・サラリーマンの加入する厚生年金は基礎年金部分と報酬比例部分の2階建てだが、自営業者が加入する国民年金は基礎年金部分だけ。

 この報酬比例部分を補完するためには、まずは民間の保険ではなく、「国民年金基金」や「個人型確定拠出年金(個人型401k)」の利用を考えよう。

 「国民年金基金」や「個人型確定拠出年金(個人型401k)」の場合、確定申告時には払った掛け金の全額を所得から控除できる。所得税が減るばかりか住民税や健康保険料なども安くなり、非常に有利。

現金こそが最大の保険

 公的であれ民間の保険であれ、保険は、目的に沿わなければ使うことができない。

 自営業者になるとクレジットカードの新規作成なども厳しくなるので、現金がないからクレジットカードでちょっと買い物なんてことも簡単にはできないし。

 ローンの審査とかも厳しくなる。

 フリーになったら、いざって時にすぐ使える現金(普通預金や解約手数料がかからない定期預金)が一番利用価値がある。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

年末調整・会社から渡される書類は?

noimage

減価償却は収得日にご注意

noimage

コモディティ投資信託は株や債券と違う値動きをする

noimage

Yahooポイントで、ふるさと納税

noimage
noimage

ゆうちょ銀行でスルガ銀行のローン申し込みができる

noimage
noimage

新生銀行の冬の特別金利

noimage

11月の銀行定期預金の金利一覧

noimage

国民年金滞納者、差し押さえ予告督促状送付予定

noimage
noimage

いま、世界で軽自動車が注目されている

noimage
noimage

無条件で他行振込みが無料になる銀行3つ

noimage

年末調整・扶養控除はどうなった?

Menu

HOME

 TOP