ボーナス(健康祝金・一時金)付き保険(特約)は得にならない

 保険(特約)で、人気のあるものといえば、ボーナス(健康祝金・一時金)付き保険(特約)。

 ボーナス(健康祝金・一時金)付き保険(特約)ほどばかばかしいものもないのだが・・・。

 なぜか、この手の保険には人気がある商品が多い・・・。

 ちなみに、おいらも一時的に、この手のボーナス(健康祝金・一時金)付き保険(特約)に加入していたことがある。

 同じ補償のボーナス(健康祝金・一時金)なしの保険と比べて、保険料が割高なのだが、そこらへんがよくわかっていなくて、加入していた。

 保険期間が過ぎて、次の保険に加入しようと思って、保険料計算をしてみて『なんてばかばかしいものに加入していたのだろう』と思った次第。

ボーナス(健康祝金・一時金)付き保険(特約)とは?

 保険加入中、一定期間保険給付を受けなかった場合、決められた年数ごとに「ボーナス」といわれる一時金を受け取ることができる。

ボーナス(健康祝金・一時金)付き保険(特約)の問題点

・保険料が割高。
 割高になった分の保険料の一部が健康祝い金・ボーナスとして契約者の懐に戻される。
 配当などと違い、契約した人の利益として払われるわけではない。

・入院などで保険給付を受けると受け取れない。

 特約にしろ、保険本体にしろ、健康祝い金つきの保険はお得ではないと思う。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

投資信託の基準価格というもの

noimage
noimage

ただいま旧ブログから記事の移行中

noimage

里親・里子

noimage

6月の個人向け国債購入キャンペーン/野村VS大和證券

noimage

二次相続でもめないために・信託の利用

noimage

春の銀行口座口座開設キャンペーン

noimage
noimage
noimage

郵便局(郵貯銀行)で復興国債(個人向け国債)購入

noimage
noimage

電源不要の電話機で節電はいかが?

noimage
noimage

住信SBIネット銀行冬の定期預金金利

noimage

配偶者と住所が違うと遺族厚生年金がもらえない?

Menu

HOME

 TOP