ボーナス(健康祝金・一時金)付き保険(特約)は得にならない

 保険(特約)で、人気のあるものといえば、ボーナス(健康祝金・一時金)付き保険(特約)。

 ボーナス(健康祝金・一時金)付き保険(特約)ほどばかばかしいものもないのだが・・・。

 なぜか、この手の保険には人気がある商品が多い・・・。

 ちなみに、おいらも一時的に、この手のボーナス(健康祝金・一時金)付き保険(特約)に加入していたことがある。

 同じ補償のボーナス(健康祝金・一時金)なしの保険と比べて、保険料が割高なのだが、そこらへんがよくわかっていなくて、加入していた。

 保険期間が過ぎて、次の保険に加入しようと思って、保険料計算をしてみて『なんてばかばかしいものに加入していたのだろう』と思った次第。

ボーナス(健康祝金・一時金)付き保険(特約)とは?

 保険加入中、一定期間保険給付を受けなかった場合、決められた年数ごとに「ボーナス」といわれる一時金を受け取ることができる。

ボーナス(健康祝金・一時金)付き保険(特約)の問題点

・保険料が割高。
 割高になった分の保険料の一部が健康祝い金・ボーナスとして契約者の懐に戻される。
 配当などと違い、契約した人の利益として払われるわけではない。

・入院などで保険給付を受けると受け取れない。

 特約にしろ、保険本体にしろ、健康祝い金つきの保険はお得ではないと思う。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

nanacoの交換手数料が無料になった

noimage

介護福祉士・平成27年度(28年試験)から受験制度変更

noimage

東日本大震災被災地で、離婚相談急増

国民健康保険と全国健康保険協会の健康保険の給付内容の違い
noimage
noimage

郵政民営化見直しはどうなる?

noimage

ペイオフ対策に2つ以上の銀行に定期預金を預けよう

noimage
noimage

ハイリスクで実は高コストなFX

noimage

Amazonで、Suicaが使えるようになった

noimage
noimage

みずほ銀行第21回期限前償還条項付無担保社債

noimage

相続人が相続する権利を失うケース・相続の欠格事由

noimage

じぶん銀行・給与振込口座指定キャンペーン

noimage

ボーナスは、ためる・使うが大前提

Menu

HOME

 TOP