『買いたい』から『買う』までに時間を置くと無駄遣いは確実に減る

 お金の無駄遣いは意識しないと治らない。

 その買い物は、必要なもの?それとも、ほしいもの?

 ほしいものと必要なものは違う。

 また、どうしても必要なものではないけど、絶対ほしいものにお金を使うのも悪いお金の使い方ではない。

 無駄使いを減らすために、『本当にほしいものか?』『必要なものか?』意識することを心がけよう。

 

ほしいものと必要なもの・絶対ほしいものを区別するには時間を置くのが一番

・時間を置くことで、ほしいものと必要なもの・絶対ほしいもの区別がつく場合が多い。

買い物をするときにはルールを決めよう

・1万円未満のものがほしいときには、翌日買いに行く。

・1万円以上5万円以下の買い物をするときには、3日後に買いに行く。

・5万円以上の買い物をするときには1週間後に買いに行く。

 てな具合。

 時間は、長ければ長いほど、本当にほしいものか必要なものかを冷静に判断できる。

財布の中にカードに買い物のルールを書いて入れておくと良いかも。

一晩考えるだけでも無駄なお金の使い方は減る

 『ほしいものがなくなったら困る』って人も居るかも知れないが、せめて、売り場で見てほしいと思ったものは、いったん家に帰ってから『本当にほしいのか?『必要なのか?』と問い直そう。

 翌日以降に買いに行っても遅くない。

 翌日買いに行って、売り切れてたら『縁がなかった』ってことだ。

 一晩考えるだけで、無駄に使うお金は確実に減ると思うよ。

コメント

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

自動車の盗難防止装置

自動車の盗難防止装置

noimage

マネックス債は購入金額1万円

noimage

メガバンクの15倍以上、冬のボーナス預け先は?

noimage
noimage

クレジットカードを利用した場合の仕訳け

noimage
noimage

MRF=マネー・リザーブ・ファンドとは何か?

noimage
noimage

楽天銀行の円定期の特別金利キャンペーン

noimage
noimage
noimage

純金積立なら3000円程度から金が買える

noimage
noimage

介護福祉士・平成27年度(28年試験)から受験制度変更

noimage

マイホームを売ったら、特例を利用しよう

Menu

HOME

 TOP