楽天銀行から手数料無料で住信SBIネット銀行へ預金を移動する

 本日は、楽天銀行から住信SBIネット銀行へお金を移動させた。

 楽天銀行からは、SBI証券へ資金移動が簡単にできる。

[スポンサーリンク]

SBI証券への入金は翌日に住信SBIネット銀行のハイブリッド預金に入金される

 SBI証券へ入金されたお金は、自動的に翌日には、住信SBIネット銀行のハイブリッド預金に入金されるのである。

 楽天銀行の入出金は、条件が満たされないと入金にも出金にも手数料がかかるのだが、この、楽天銀行⇒SBI証券⇒住信SBIネット銀行への資金移動が無手数料でできる。

 住信SBIネット銀行からは、セブン銀行・ゆうちょ銀行ATMで無手数料で出金したり、月三回までの制限があるが他の銀行へ無手数料で振込みができるので、結果的に楽天銀行に入金されたお金でも無手数料で出金できる。

 この機能、即時入金サービスという。

 しかし、以前に比べて、本人確認の手続きが面倒になった。

 ということで新しい銀行⇒SBI証券⇒住信SBIネット銀行の入金方法をご説明。

SBI証券へ楽天銀行から資金移動する方法

1、SBI証券へログイン

2、口座管理⇒入金指示をクリック。

3、『楽天銀行「楽天銀行かんたん決済プラス」楽天銀行からSBI証券への即時入金サービス』の項目の『振込み・照会サービス』ボタンをクリック。

4、振り込みサービスへのボタンをクリック。

*1,000円から1,000万円まで口座名義と異なる名義の銀行口座からのお振込手続きは、入金処理が行なわれません。

5、振り込み金額をボックス内に記入。

6、SBI証券の取引パスワードを入力。

7、振り込み確認画面が出る⇒『振込み』ボタンをクリック。

8、楽天銀行のログイン画面が出るので、IDパスワードを入力してログイン。

9、楽天銀行から本人確認のための『ワンタイムキー』を送信する。

10、送信されたワンタイムキーが登録したメールアドレスに送信される。

11、送信されたワンタイムキーを画面に入力。

12、楽天銀行の暗証番号を入力。

13、生年月日を選択。

14、支払い実行ボタンをクリック。

SBI証券への即時入金サービス対応銀行

  • 住信SBIネット銀行「即時決済サービス」
    住信SBIネット銀行からSBI証券への即時入金サービス。
  • みずほ銀行スーパーデビットサービス
    みずほ銀行からSBI証券への即時入金サービス。
  •  スルガ銀行「ネットデビット」
    スルガ銀行からSBI証券への即時入金サービス。
  •  ・三菱東京UFJダイレクト「ネット振込(EDI)」
    三菱東京UFJ銀行からSBI証券への即時入金サービス。
  • ジャパンネット銀行「JNB smart」
    ジャパンネット銀行からSBI証券への即時入金サービス 。
  •  三井住友銀行SMBCダイレクト「ウェブ振込サービス」
    三井住友銀行からSBI証券への即時入金サービス。
  • 楽天銀行「楽天銀行かんたん決済プラス」
    楽天銀行からSBI証券への即時入金サービス。
  • セブン銀行「ネット決済サービス」。
  •  ゆうちょ銀行「ゆうちょダイレクト」。

 後は、翌日自動的に住信SBIネット銀行のハイブリッド定期に入金されるのを待って、普通預金や定期預金に移し変える。

 この、移し変えもインターネット上から無手数料でできる。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

他行宛振込み手数料無料の銀行を選ぼう

他行宛振込み手数料無料の銀行を選ぼう

月3回を越えて住信SBIネット銀行から他銀行に手数料無料で振込みをする
土日祝日(年末年始)出金手数料が無料住信SBIネット銀行
イーネットATM出金手数料無料銀行キャッシュカード
セブンイレブンATM利用手数料無料の銀行

セブンイレブンATM利用手数料無料の銀行

ゆうちょ銀行は、ATM取扱時間や店舗数が多くて便利
住信SBIネット銀行の他行振込み手数料が変更になる
他行ATM手数料を無料にする方法・みずほ銀行・東京三菱UFJ銀行・三井住友銀行
外貨MMFと外貨預金どちらがとくか比べてみよう
ゆうちょ銀行ATMで無料出金できる銀行

ゆうちょ銀行ATMで無料出金できる銀行

労金利用者は引越し転職にご注意を

労金利用者は引越し転職にご注意を

労金利用メリット・デメリット

労金利用メリット・デメリット

銀行によって外貨預金の手数料が大きく違う
セブン銀行ATMで手数料無料で入出金ができる銀行や証券会社
セブン銀行は平日ATMや銀行にいけないような人は、便利

Menu

HOME

 TOP