イオン銀行・投資信託積立プランプレゼントキャンペーン

 銀行や証券会社の垣根があまりなくなっていて、銀行でも投資信託を取り扱うようになった。

 イオン銀行でも、投資信託を取り扱っていて、小額からの積立コースもある。

 イオン銀行では、投資信託の自動積立での申し込み継続で、イオングループのプライベートブランド・トップバリュー商品をプレゼントしている。

イオン銀行投資信託積立プランプレゼントキャンペーン内容

・月々3000円投資信託積立コース⇒トップバリュー商品500円分。
・月々5000円投資信託積立コース⇒1000円相当のトップバリュー商品。
・月々10000円以上投資信託積立コース⇒2000円相当のトップバリュー商品。

イオン銀行投資信託積立プランプレゼントキャンペーン申し込み場所

・インターネットあるいはイオングループの各店舗(店舗では原則19時まで・一部店舗での取り扱いなし・届けで印、イオンバンクカード又はイオンカードセレクト、本人確認資料が必要)。

対象となる投資信託

・イオン銀行取扱いの全ファンド
※ 分配金再投資コースのみ、原則として1,000円以上1,000円単位
※ グローバルソブリンオープン(毎月/1年)のみ申込単位は1万円以上1,000円単位

その他

・イオン銀行総合口座を持つこと。
・満20歳以上。
・投信自動積立を1年以上継続すること。
・投資信託は預金保険制度・保険契約者保護機構の対象ではありません。
・銀行で購入できる投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。

 トップバリューの商品って、結構おいしくて値段も安い。

 投資信託の申し込みで、トップバリューの商品をもらえるのはうれしいかも。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

ワオンカードのICチップが壊れてワオンが使えない

noimage

購入時期や換金の仕方による投資信託の区別

被災者採用に、企業に対して、助成金支給予定

被災者採用に、企業に対して、助成金支給予定

家族の健康保険の扶養になるための条件
noimage

純金積立なら3000円程度から金が買える

noimage

大和ネクスト銀行の入出金システム

noimage

今週のお金の話・2014年5月31日から6月7日まで

noimage
noimage

金融庁検査ってどんなもの?

noimage

ただいま旧ブログから記事の移行中

noimage

Suicaと一体型のクレジットカードも利用価値が高い

noimage

電気代も上がる、東京電力の社員の給料も上がる

noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP