新発債・既発債の違い

 債券の買い方には、新しく発行されるものを買う場合と既に発行された債券を買う場合と二つの方法がある。

 新しく発行される債券を新発債。

 既に発行された債券を既発債という。

 債券は、額面で購入して満期あるいは償還されるまで、利息が支払われる(発行元がつぶれたりしない場合)。

 いったん購入した債券を満期までの途中で売却した場合、個人向け国債以外は、債券市場で市価で取引される。

 新発債・既発債とも購入は、証券会社などで行われる。

 でも、新発債・既発債では、特徴が違うのだ!


新発債・既発債

 新発債の場合、購入時は額面価格で購入する。
 満期あるいは、償還されるまで、利息が支払われ、満期・償還期には、額面金額が支払われる。
 割引債の場合は購入時点で利息分が割り引かれた形で販売されますので、満期になると元金+利息を受け取れる。

 既発債の場合、市場原理によって、購入金額が決まる。
 額面以上の価格で取引されることもあるし、額面よりも少ない金額で購入できる場合がある。
 既発債でも、満期・償還まで決まった利息が支払われるのは同じ。
 満期・償還期には、額面金額が支払われるのも同じ。


 金利が下降している場合、固定金利の債券なら、途中で売却して、利益を得ることも可能。

 逆に、金利が上昇している場合は、変動金利なら、途中で売却して利益を得ることもできる。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
マイナンバー通知の簡易書留が届かない

マイナンバー通知の簡易書留が届かない

noimage

住信SBIネット銀行年金受け取り開始キャンペーン

noimage
noimage

『お金が余ったら貯めよう』は貯まらない

noimage

自転車運転での事故で、資格が取れなくなる?

noimage

癌の放射線療法はトータルで安くなる?

noimage

ご近所ポイントで、1.2%お得

noimage

個人型確定拠出年金の掛け金の引き落としができる銀行

noimage

ゆうちょ銀行のアクセス障害・復旧?

noimage
noimage
noimage

4月の定期預金金利が全体に下がっている

noimage

クレジットカードを整理しました

noimage

SBI証券のNISA口座

Menu

HOME

 TOP