社債・普通社債・劣後社債・転換社債・ワラント債ってどう違う?

 一口に社債といっても、色々と種類があるようで。

 どんな社債があるんでしょうね?

 普通社債・劣後社債・転換社債・ワラントなどがあるそうなので、それぞれの特徴を簡単に説明してみよう。


普通社債ストレートボンド(SB)

 満期までの間、債券を保有している投資家に対して利息が支払われる。
 原則として信用格付が低い社債ほど利息(クーポン)は高くなる。
 金利は発行時点における固定金利(固定利付債)である場合が多く、額面発行の額面償還が基本。

劣後社債

 劣後債は、普通の社債よりも、この信用リスクが高い社債。
 企業は、倒産した場合などには、集めたお金をできる限り返済しなくてはならない。
 優先順位としては『銀行などからの借り入れ』→『普通の債券』→『劣後債』 
 普通の債券などのお金を返して、それでも余力が残っていれば、劣後債のお金も全部返ってくる。
 返済余力が無い場合、劣後債は、お金が一部または全部返ってこない可能性が、普通の債券よりも高い。

転換社債

 基本的には普通社債と同じ。
 特別な条件としてある一定の価格においてその会社の「株式」と転換することができる条件が付帯している。
 投資家は利息(クーポン)だけでなく資本収入も狙える債券。 
 正式には「転換社債型新株予約権付社債」と呼ぶ。

ワラント債

 通常の債券に加えて、ある一定の株を一定数量・一定価格で買える権利付の債券。
 ワラントの権利を行使する場合は、また別途金を払い込む必要がある。
 ワラントという権利だけを第三者に売却することもできる。

 社債はその会社がつぶれたりしない限り、利息が払われるので、株式ほどリスクは無い。

 といっても、会社がつぶれれば、投資した金額が自分の元に返ってくるかは保障されない。

 そして、同じ社債といっても、普通社債と劣後社債ではリスクの度合いが異なる。

 リスクに比例して、利息も高いのが一般的。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

住民税が払えなかったら・分納という方法もある

noimage

自分へのご褒美は、専門の『ご褒美口座』でまかなおう

noimage

東京スター銀行の1週間満期定期預金

noimage
noimage

金融庁検査ってどんなもの?

noimage
noimage
noimage

同じ投資信託でも、販売手数料は証券会社などで違う

noimage

ボーナスがあるさ症候群と家計管理の大原則

noimage
冬のボーナス預け先ただいま悩み中

冬のボーナス預け先ただいま悩み中

noimage

ビットコインメリット・デメリット

noimage

今日で原発全停止

価値のある硬貨がまぎれているかも、財布の中を探してみよう
noimage

世界には、放射能が高い土地がもともとあるらしい

Menu

HOME

 TOP