保険料控除が今年から変わるよ

 確定申告は終わったけど、来年の注意点をおひとつ。

 サラリーマンの数少ない控除のひとつ、生命保険や個人年金の控除が2012年から変更される。

 住民税の場合は、2013年の住民税分からだけど。

 根本的に、2012年の所得で住民税も決定されるので、控除としては、2012年分の所得の申請から。


2012年分の税金控除の変更点

所得税

 ・現行→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」の適用限度額は、それぞれ最大5万円、合計で10万円まで。

 ・2012年→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」に加え、「介護医療保険料控除」それぞれ最大4万円、合計で12万円まで。


住民税

 ・現行→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」の適用限度額は、それぞれ最大3.5万円、合計で7万円まで。

 ・2012年の所得からの控除→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」に加え、「介護医療保険料控除」それぞれ最大2.8万円、合計7万円まで。


 要するに、所得税の場合、トータルの控除額は、増えるが、今までの「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」の控除額は減る。

 住民税の場合、「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」の控除額が減り、その分介護医療保険料控除がつき、とーらるの控除額は変わらない。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

ドラマ・慰謝料弁護士が面白い

noimage
マイナンバーにどんなメリットがある?

マイナンバーにどんなメリットがある?

noimage

日本円はつよい?

noimage

NISAの配当金に課税されるかも

noimage

香川銀行のインターネット支店/『セルフうどん支店』

noimage

投資信託とはどんなものか?

noimage

みずほ銀行ATM休止・6月29日から7月1日まで

noimage
noimage
noimage
noimage

ポイントまとめサイトPexログイン時の画像認証登場

noimage
noimage
noimage

出産に関する社会保障を比べてみよう

Menu

HOME

 TOP