保険料控除が今年から変わるよ

 確定申告は終わったけど、来年の注意点をおひとつ。

 サラリーマンの数少ない控除のひとつ、生命保険や個人年金の控除が2012年から変更される。

 住民税の場合は、2013年の住民税分からだけど。

 根本的に、2012年の所得で住民税も決定されるので、控除としては、2012年分の所得の申請から。


2012年分の税金控除の変更点

所得税

 ・現行→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」の適用限度額は、それぞれ最大5万円、合計で10万円まで。

 ・2012年→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」に加え、「介護医療保険料控除」それぞれ最大4万円、合計で12万円まで。


住民税

 ・現行→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」の適用限度額は、それぞれ最大3.5万円、合計で7万円まで。

 ・2012年の所得からの控除→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」に加え、「介護医療保険料控除」それぞれ最大2.8万円、合計7万円まで。


 要するに、所得税の場合、トータルの控除額は、増えるが、今までの「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」の控除額は減る。

 住民税の場合、「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」の控除額が減り、その分介護医療保険料控除がつき、とーらるの控除額は変わらない。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

楽天アフィリエイトの報酬と楽天での買い物の仕訳

noimage
noimage

安いから買っちゃお・安物買い貧乏に陥らない方法

noimage

仕組み預金の活用法

インフレとデフレ

インフレとデフレ

noimage

NISA(ニーサ)ってなニーサ?

noimage

高金利トマト銀行インターネット支店の概要

noimage

野村證券VS大和證券・個人向け国債購入キャンペーン

noimage

WAONポイントに交換できる他社のポイントの交換レート

noimage

証券会社の即時入金サービス・対応状況

noimage
noimage

携帯電話に税金がかかるかもしれないよ

noimage

WAONとnanaco、交換レートはどちらがお得?

noimage

配偶者に知られたくないお金の預け先

noimage

個人向け国債の募集が始まっている

Menu

HOME

 TOP