サラリーマンなら、ちょっとの副業も事業所得で出したほうが得

 皆さん、確定申告終わりましたか?

 管理人のところには、今日還付金の通知書が届いた。

 まだ終わっていない人は、がんばって!

 管理人、今回は、不動産所得と給与所得、そして、事業所得、配当所得の確定申告をした。

 白色申告だけどね。

 事業所得として、申告したのは、ネット上でライターとして得た収入部分。

 金額的には・・・。

 はっきり言って小額だ。

 でも不動産所得があるから、確定申告しないわけにも行かない。

 この所得雑所得で確定申告すると、必要経費を引いて赤字になっても、他の所得と合算されない。

 と言うわけで、事業所得として申告した。


事業所得と雑所得の違いは?

 雑所得と事業所得の違いは、『継続性があるか』だ。

 例えば、サラリーマンで、アフィリエイト収入のある人。

 確定申告は、雑所得でも事業所得でも申告できる。

 来年もアフィリエイトをしようと思う人は、事業所得で申告すると、必要経費を引いた所得が赤字になれば、他の所得から赤字分を引くことができる。

 雑所得の場合は、赤字になっても、損益を合算できるのは、雑所得同士だけ。

 ほんのちょっとの収入でも、事業所得として申告したほうが得だ。


必要経費になるもの

 必要経費、いろいろあるよ。

 電話代・電気代・パソコン購入の代金とか、インターネット接続の費用とか。

 旅行サイトを持ってる人などは、交通費とか。

 資料としての本の購入代金とかね。

 収入が少なければ少ないほど、赤字が大きければ大きいほど、給与収入で源泉徴収された所得税が還ってくる。

 おかげさまで、昨年度より、1万円ほど還付金が多かった。

 ばんざい!

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

nanacoの交換手数料が無料になった

noimage

傷病手当金の日額報酬は入社時に決定される

noimage
noimage

SBI証券の個人型確定拠出年金申し込みの資料内容

noimage
ポイント利用でカーナビを買った

ポイント利用でカーナビを買った

noimage

ゆうちょ銀行ホームページでトラブル

noimage

大和証券のNISA(ニーサ)口座開設キャンペーン

noimage
noimage

日本の平均株価は、海外に比べて出遅れている?

noimage
noimage
noimage

日経平均株価とは?

noimage

子供が勝手に財布や引き出しからお金を盗ったら?

noimage

リンクシェアからの支払い報酬確認と仕訳

Menu

HOME

 TOP